こんな故事がある: 苛政は虎よりも猛し

– 桝席がお届けする人生に役立つ世界の故事・逸話など(2)-

苛政《かせい》は虎よりも猛《たけ》し – 礼記

中国は春秋時代。孔子が弟子とともに泰山の近くに来たところ、女が一人悲しげに泣いていた。

孔子の弟子・子路がなぜ泣いているのかとたずねると、女は言った。

女「このあたりは恐ろしいことに虎が出るのです。最初に私の義父が食べられてしまいました。次に夫が食べられ、とうとう大事な息子まで食べられてしまいました。それで泣いていたのです」
子路「もっと早くこの恐ろしい土地から逃げ出せばよかったのに」
女「この土地を離れるなんて、とんでもない!」
子路「なぜ?」

女「……このへんは税金が安いんです。フヒヒwwwサーセンwwwww」

関連URL

苛政は虎よりも猛し – 中国故事物語

前後の故事・逸話へ移動

«ハーバート・モリソンの言葉 | »

広告
広告

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

広告
広告

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)

もっとくわしく→このサイトと筆者について | 桝席ブログ http://www.masuseki.com/wp/?page_id=3178