看板写真まとめ 『カン貼り! vol.1 ORANGE』 できたよ~

看板写真集『カン貼り! vol.1 ORANGE』をセルフ出版しました。

カン貼り!vol.1 表紙

私が長年、撮りためた、ちょっとオモシロい看板写真を集めた写真集を電子書籍としてセルフ出版しました。

VOW!とかバカ画像とか、ジャンルで言えばそういうやつです。

そもそもは、pixivFANBOXを始めてみたのはいいけれど、副業で忙しくてなかなか更新できないため、お茶を濁すために撮りためた、ちょっとオモシロい写真を貼り始めた所から始まりました。

これまでにも自サイトで日記に添えたり、ツイッターにポストしたりしてきた写真たちです。 なので、この電子書籍を買わなくても、このサイトや私のツイッターを丹念にたどれば、8割がたの写真はタダで見られるはずなんですよ。

しかしまぁ、適当に貼り散らかしてきたので、自サイトのは自サイトで、どこにどれが貼ってあるやら。

ツイッタのだって、別にタグをつけてたわけじゃないし、時系列でさかのぼっていくしかなくてうあああああ。

さらに昔のツイッタは画像が投稿できなかったんで、一時期、Brizzlyってサービスを使ってたんですが、そこに貼った画像は消滅。

そんなわけで、せっかく pixivFANBOX に継続的に貼り続けたのだから、ひとつパッケージングしておこうかと思い、電子書籍化したのでした。パチパチパチパチ。

こういう感じの本です。
カン貼り!vol.1 サンプル

サクサク読めます。
カン貼り!vol.1 サンプル

こんな感じでちょっとオモシロい看板写真が 99 枚、収録されています。
カン貼り!vol.1 サンプル

どっかの胡散臭い輩が著作権を無視してネットで拾った画像で作ってる本とちがって、すべて私が自分で撮った写真でございます。 その分、突出した面白さはないと思いますが、ささやかなおかしみの中に筆者のセンスを味わっていただけたら幸いです。

この電子書籍は、私の pixivFANBOX で 100 円/月の支援者になれば、ダウンロードできます。

 >カン貼り! vol.1 ORANGE|桝田道也|pixivFANBOX
 https://www.pixiv.net/fanbox/creator/188950/post/355356

支援者になれば、この本だけでなく、桝田道也がセルフ出版した電子書籍など約 4,000 分(2019年4月時点で)がダウンロードできます。コンテンツはこれからも増え続けますし、電子書籍で販売されてない pixivFANBOX 支援者限定コンテンツもございますので、どうかひとつ支援者になると思って支援者になってください。

支援者なんかなりたくないよ、ボカぁね、もっとドライな関係でいたいのさ。要らないものは要らないし、必要なものだけ買うのがボクのスタイルさ……って人のために、各電子書籍販売サイトからもご購入できます。

ご購入

BOOTH と pixivFANBOX のものは PDF です。Kindle のは .mobi フォーマットです。 .mobi は若干、私の意図通りのレイアウトやフォントになってないので、PDF の方をお勧めいたします。

amazon

カン貼り!: vol.1 ORANGE(税込み 216 円) | 桝田道也 – Amazon Kindle

BOOTH

カン貼り! vol.1 ORANGE(税込み 216 円) – mitimasu.booth.pm – BOOTH

pixivFANBOX
pixivFANBOX やってます。100 円/月 以上のプラン支援者になれば、私のセルフパブリッシング電子書籍が読み放題、ダウンロードし放題。
さらに支援者限定公開で、製作過程で使用された画像など公開してたりします。
ご支援があればあるほど、制作に時間を割けて新作リリースが早まります。ぜひ、桝田道也にご投資ください。

桝田道也の pixivFANBOX『オニオンおにぎり』
https://www.pixiv.net/fanbox/creator/188950

 カン貼り! vol.1 ORANGE|桝田道也|pixivFANBOX

広告
広告

 

製作にあたって

いつからそうだったのか存じませんが、気が付けば kindle の元原稿フォーマットとして .docx でアップロードできるようになっておりまして。

えー?そうなの?じゃあ、LibreOffice で作ってうpれるんじゃん!……と思って、『カン貼り!vol.1』は LibreOfficeWriter で、作ってみました。

作ってみましたが、やっぱり、難しいですね。

紙や PDF は基本、固定レイアウトを前提としているし、ePub や.mobi は様々な端末で快適に読めるように、レスポンシブデザイン寄りを前提としている。そのせいで、変換後にどうしても
「そんなつもりじゃなかったのに!」
という所が出てきてしまう。

どうせ、フォントは埋め込まないしな……と思って、MSゴシックとMS明朝で作ったんですよ。 とりあえず、サンセリフとセリフっていう指定くらいは反映されるだろうと思って。 でも、.mobiに変換したら、そのレベルの書式指定すら欠落したんです。

あと、左寄せとか中央寄せくらいのレイアウト指定すら、ときどきおかしくなったり。

これだったら、自分で xml 書いた方がまだマシじゃねーの?とか思ったり思ったり。

もしくは全ページ画像化大作戦。電子書籍のメリットが大幅になくなりますけど。

ともあれ、LibreOffice で kindle 本の原稿を作る、コツのようなものはつかめた気がします。 コツというか、凝ったことしちゃだめ!web 1.0 みたいな原稿を作りなさい!ってだけなんですけどね。

そんなわけで、もし、再び看板写真が 99 枚溜まって『カン貼り! vol.2 SODA(仮)』を出すに到ったときには、vol.1も手直しするかもしれません。

街角のオジギビト
街角のオジギビト
とり みき
筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を見る

広告
広告

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

広告
広告

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)

もっとくわしく→このサイトと筆者について | 桝席ブログ http://www.masuseki.com/wp/?page_id=3178