11/26 訃報:川畑聡一郎先生が逝去

訃報:川畑聡一郎先生が逝去なされました

気が動転して、何から書けばいいのかわかりません。

先ほど、杉作先生から電話があり、川畑聡一郎先生が亡くなられたと伺いました。

癌でした。

『S60(ショウワシックスティ)チルドレン』の連載が終わった直後
今年の6月末頃、
「いま、『S60(ショウワシックスティ)チルドレン』の最終回のネームをやってます」
と電話があって、いつも通りダラダラと雑談をして、
「こんど暇を見つけてアキバに行きましょう!」
と約束したのですが、その約束を果たすことはできなくなりました。

才能のある人でした。

次回作を楽しみに待っていました。

もっと一緒に遊べば良かった。もっと長電話しておけばよかった。 後悔と無力感で胸がつまりそうです。

謹んで、故人のご冥福をお祈りいたします。

最後に。川畑先生は2ちゃんねるのS60スレッドを、ときどき見ていると言っていました。 だから、ファンレターを出して無くてもスレッドに書き込まれた気持ちは、たぶん伝わっていたはず。 それは一つの救いだと私は思います。

追記:告別式に行ってきました。

「こんな形で鹿児島に来たくなかった」
と、杉作先生がつぶやきました。同感。

棺に入った川畑先生は、眠っているだけのようにも見えましたが、 頬の肉が痩せ落ちていて、対面してようやく死を実感。 川畑先生の前で、祈り、涙し、誓いを立てて胸に秘め、別れを告げました。

その後、お収骨もお手伝いさせてもらい、 ご遺族から生前の川畑先生の様子を伺うこともできました。

式には、イブニング梶原編集長と担当の進藤さんも参列。 お二人とも
「せめてあと一作……」
と、何度も嘆いておられました。

病気のことは、ほとんど誰にも話してなかったようです。 担当の進藤さんですら、先月になって川畑先生の親戚からの電話で、 正しい病状を知らされたというくらい。 心配をかけまいと思っていたのでしょう。川畑先生は、そういう気丈な人でした。

亡くなられた時刻は、11月22日23時20分。

川畑さん、さようなら。いつになるかわからないけど、僕がそっちへ行くまで、さようなら。

追記:2

南日本新聞のおくやみ欄
http://373news.com/okuyami/crux.cgi
の、11/24日。

広告

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)

もっとくわしく→このサイトと筆者について | 桝席ブログ http://www.masuseki.com/wp/?page_id=3178