近世大名は城下を迷路化なんてしなかった_バナー

マンガ簡易収納ケースを作ってみた

※このエントリは2004年に書かれたもので、内容が古くなっている可能性があります。

bookcase_01.jpg

僕は巻数の多いマンガを、このように胴長のティッシュの空き箱を利用して収納しています。

新書サイズの本を無駄なくまとめることができ、本棚のデッドスペースが減ってわりかし重宝していますが、

  • 見た目が悪い
  • 耐久力が無い
  • 中身がよく見えない
  • なにより、B6サイズの単行本が入らない

という難点がありまして。

100円ショップのプラケースを探してみても丁度いいサイズのものが見当たらない。

はっきりいって無駄なスペースの大きいケースしか売ってないわけです。そこで、
「なきゃ作るしかあるめぇ」
と0.75mmの透明PPシート(ポリプロピレンシート)でマンガ用の簡易収納ケースを自作してみました。

bookcase_02.jpg

これが完成品です。材料費が1コ500円。製作時間1コ20分。

 

折る時にカッターでスジ入れをしてゆっくり曲げないと割れてしまうので、紙工作よりは注意と技術が要りますが、普通程度の器用さがある人なら問題なくつくれます。

bookcase_03.jpg

で、少しキツキツですがカラーボックスに二つ並べることができて、カラーボックス内の無駄スペースが減りました。

(ちなみに、カラーボックス内の中仕切り板はホームセンターで板を買ってきて自分で取り付けたものです)

思いのほかうまくいったので、ちょくちょくヒマを見つけて、新書サイズ用やA5サイズ用のケースも作ろうと思ってます。

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

桝田道也の電子書籍・写真・フォントその他が月額100円で読み放題!
ダウンロードし放題!ほめ殺しし放題!
あなたも支援者になって桝田道也ほめてほめてほめまくりませんか?
桝田道也の pixivFANBOX 『オニオンおにぎり』

桝田道也の電子書籍・写真・フォントその他が月額100円で読み放題!ダウンロードし放題!ほめ殺しし放題!あなたも支援者になって桝田道也ほめてほめてほめまくりませんか?――桝田道也のpixivFANBOX『オニオンにぎり』

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)