小説 :『10月1日では遅すぎる』感想


10月1日では遅すぎる (ハヤカワ文庫 SF 194)
フレッド・ホイル
早川書房
1976-05
Amazon

『10月1日では遅すぎる』フレッド・ホイル 読了。 古典。作者が専業作家でないせいか、いまいち小説としてこなれてなくて閉口した。 しかし技量の不足は情熱でカバーされるの法則が大発動。 パラレルワールドというテーマに真正面から取り組んだから古典的傑作でした。

んでもギミックは面白くてもストーリーがやっぱりなー(←歯切れが悪いな>自分)。 ラストもこのテーマらしく狐につままれたような感じをぬぐえなかったし。

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)