近世大名は城下を迷路化なんてしなかった_バナー

『LIVE A LIVE』(SFC)プレイ日記

LIVE A LIVE(SFC)プレイ日記

2004/9/30

中古でライブアライブ(SFC)を購入。隠れた名作の誉れ高いゲームだけど未プレイだったので。

当時は企画モノ(地雷)の匂いを感じて避けていた。この先オリジナルに忠実な移植も無さそうなゲームだし買っておこうか、と。

※注意。残念ながら筆者の嗜好には合わなかったので、以下の感想は否定的な意見になっています。

2004/10/11

スーファミを引っ張りだして「ライブ ア ライブ」を始めた。

あまり面白くないんだが。グラフィックとか10年以上前(12年くらい?)(1994発売。ちょうど10年前だった)というのを考慮しても、スクウェアとしては考えられないお粗末さのような。(ていうか10年経ってるのかよ!自分で書いてへこんだわ。感覚的には8年前くらいの気分だったんだが)

なんだこの同人ゲーは?とか思った。シナリオもなぁ…。ちなみにまだ現代編しかやってない。

つまらないのは、説明書無しに始めたからシステムがわかってないせいだ、と思いたい。

2004/10/12

西部編、原始編をクリア。今、近未来編をプレイ中。


試みは面白い(特に原始編)と思ったけど、シナリオが糞。スクウェアお得意の、操作できないだだ流しイベントも多いしさ。キャラデザに漫画家を起用した意味もあんまり無いし。このゲームはプレステの登場を待つべきだったと思った。

 

2004/10/25

最終章をプレイ中。

中古・説明書無しだったので、なんか苦労している。ここへきて、ようやくアクセサリの装備の仕方に気が付いた。

2004/10/26

終了。

隠れた名作との評価を聞いてやってみたけど、自分にはイマイチだった。

10点満点で、7点。面白いトコもあるんだけど、全般的には、う~んと思う所が多かった。

変なシステムで戦闘部分の遊びがいがある点は、いかにも当時のスクウェアらしかったが。


(追記:2020-02-03)シナリオのどこがダメだと思ったのか、書いてないのはよくないと思ったので追記。

ラスボスの正体が、とくに目新しいとは感じなかった点ですね。もう、コンピューターゲームでさえ、それをやった先達がたくさん存在していましたから。

で、新鮮味を抜きにしてみると、おまえたったそんな程度のことで、世界を消滅させようと思ったん?とあきれてしまうやらあきれてしまうやら、で。

↑にも端的に表れてますけど、全体的にシナリオの動機づけの部分が甘かったのです。世界を世界たらしめる、神を宿らせる細部の部分が、いまいち練りこまれてないなと感じました。

同時期の FF(Ⅳ~Ⅵ)だって、本シナリオのへっぽこさでは同レベルなんですよ。でも、NPCのセリフ変化が細かかったり、過剰なほどのドット絵おしばいの作りこみのおかげで、なんとか見られるレベルのものに向上していました。でも、ライブアライブにはそれがありませんでしたね。制作費の都合だと思いますが。

SF編は、そこそこ「楽しめる」レベルのシナリオだったと記憶しています。(追記ここまで)

– アフィリエイト広告 –

『ライブ ア ライブ』

  • SUPER FAMICOM
  • 価格: ¥10,395 (税込)
Amazonで詳しく見る
.

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)