近世大名は城下を迷路化なんてしなかった_バナー



ぐねぐねのまっすぐ!入西のビャクシンを見に行った(埼玉県坂戸市)

ええよ~ : 1

埼玉県指定天然記念物・石上神社の入西のビャクシンを見に行きました

入西のビャクシン

カネがないのはいつものことだけど、今年は特にきびしくて、三泊四日のママチャリ旅行すら難しい私でした。

野宿で済ましたくても電チャリのバッテリのチャージを考えたらネカフェに泊まらなきゃならないのだけど、ネカフェの宿泊費すら厳しいという状況。

というかそもそも、そんなに休んだら来月の家賃が払えない。

ので、今年の夏休みは一日!日帰り旅行!……と決めたのでした。

日帰り旅行を他の長期旅行並みに思い出に残るものにするには?策はありました。

「気温35℃を超える猛暑日にロングライドする」

これです。私もママチャリや電車であちこち旅行するようになって長いですが、苦しかった旅行ほど記憶に残りますね。そして私に必要なのは思い出だ。

そんなわけで、前から見たかったけど、片道40kmと微妙な位置にある『入西のビャクシン』を見に行ったのでした。

ちなみに、命の危険があるのでオススメしませんし命の保証はいたしませんから真似しないでください>気温35℃を超える猛暑日にロングライド

私は真夏日のママチャリ旅行を過去に何度もやっております。日常でも配達業で猛暑日の中、チャリを漕いでます。暑さ対策のスキルを持っているのです。自身の経験から可能と判断し、万全の準備を整えてやっております。危うい場合は引き返すことも計画に折り込んでいました。


さて、到着。埼玉県坂戸市石上神社。
石上神社

なんじゃい、この、でっけえホコリは。ブロワー持ってないんかい(持ってません)

「出たー!」と騒ぐほどの巨樹ではありません。
入西のビャクシン

こうしてみると、何の変哲もない樹木。
入西のビャクシン

ビャクシンってもっとこう、ウネウネしてるものじゃないの……おや?
入西のビャクシン

あ、ウネウネしてた。
入西のビャクシン

……というのは、もちろん一人芝居。そういう樹形だと言うことをあらかじめわかった上で訪問しています。

ねじねじぐるぐる、とぐろをまいているくせに、全体としてはビャクシンらしからずまっすぐに伸びている。そこに入西のビャクシンの特異性があります。地元では「ねじれっ木」と見たままそのままな名前で呼ばれ、巨木でもないのに県の天然記念物に指定されるくらい珍しい樹なのでした。

私がなかなか来なかったのも、ひとつはその、ドリルのようにまっすぐな形が理由でした。

私がビャクシンに求めるのはウネウネとした異形の姿であって、入西のビャクシンは
「うーん、おもしろさはわかるんだけど、見たい感じのシルエットではないな……」
と思っていたのです。

ビャクシンは別名、イブキとも言います。イブキとは息吹きであって呼吸であって、呼吸するのは動物なのです(もちろん現代人である我々は植物も呼吸していることを知っていますが、ここでは古代人の知識と感性になってください)。

なにか異形のクリーチャーが息吹き、うごめくような、そういう錯覚を私はビャクシンに求めているのですね。

なので、あんまり琴線に響いてなかった(でもいつかは見に行くつもりだった)入西のビャクシンを目的地に選んだ理由は、交通費を使わないママチャリ日帰り旅行の行き先として、ちょうどいいのが他になかった……のが最大の理由ですw

……が、
「ぐるぐる巻いてるくせに、まっすぐ伸びてる!おもしろいじゃないか!」
と、いまさらながらに価値観をアップデートしたからでもありました。

逆光は勝利……じゃなかった。
入西のビャクシン

入西のビャクシン訪問に今まで気乗りしなかった理由がもうひとつ。ネットで検索したら、良い写真が少なかったんですよね。

あ、これ、午後は逆光になるやつなんだな……とうすうす察しましたが、思った通りでした。

反対側から撮ろうにもお堂が邪魔するのであって……
入西のビャクシン

ワシはウネグネをエェ感じの陰影で撮りたいんじゃあ。
入西のビャクシン

ブロワー持ってないんかい(やわらかい布(タオル)でホコリを払うくらいのことはしました)。
入西のビャクシン

ホコリに関してあきらめて受け入れた俺氏
入西のビャクシン

昔はデジカメの白黒モードで獲ってましたけど、今はもうカラーで撮ったのをソフトウェアでグレスケにレタッチしてばっかりですね。
入西のビャクシン

レタッチだから周辺減光のフィルタもかましてみたり。 そういう写真に対して後から作為を行うのは、あんまり好きではありませんが、絶対拒否でもないですね。たまにはこうしてやったりします。ま、気分です。気まぐれ。

撮るんだったら朝か夕方がいいんでしょうね。真昼、それも夏はあんまし向いてない。
入西のビャクシン

これも気まぐれでちょっと彩度を高めました。
入西のビャクシン

逆光は勝利じゃなかった。……と思うなら貼るなよ自分。
入西のビャクシン

ねじねじだけどまっすぐ。なんでしょうね。ライフリングでしょうか。
入西のビャクシン

グレスケ+ハイコントラスト。期待した感じに撮れてないとついつい、レタッチでなんとかならんか、悪あがきしてしまいますね。
入西のビャクシン

あらあら。そうよコレよ。あたし、こんなんが撮りたかったのよ。こんなんでよかったのよ。あらあらまーまー。
入西のビャクシン

あらあらあらあらまーまーまーまー、やーねぇ、もう。
入西のビャクシン

うーん。良い。苔の色もレタッチ無しで十分にあざやかで、このへんは夏で良かった……のかしらん。
入西のビャクシン

こっち側から撮ってパノラマソフトで合成すると「まっすぐ」感が失われて微妙ですな。
入西のビャクシン

逆光は勝利だったかもしんない。
入西のビャクシン

現地説明版。
入西のビャクシン

説明版に書いてあることですが、ビャクシンが植えられたのは臨済宗の寺が多いとのこと。なので、石上神社も元は近くにある成願寺の境内だったのだろうと。

廃仏毀釈に関係あるのかな?いや、廃仏毀釈が理由なら成願寺が残ってるのが変だから、石上神社に変わったのはもっと古いのか。

長徳寺のビャクシンは過去に見に行っています。こっちもビャクシンにしてはまっすぐで微妙に物足りなかった。

     [巨樹・奇樹] 巨樹の幹に奇樹の枝 | ブログ桝席
    http://blog.masuseki.com/?p=25#ChotokujiByakushin

生きてるうちに一度はビャクシン・イブキ・シンパク系のラスボス「宝生院のシンパク」(小豆島)を見に行きたいのだけど、いつになるやらですね。基本的にビャクシン類は西日本に巨木が多いらしいです。

湯河原の城願寺のビャクシン、北鎌倉の建長寺のビャクシン、千葉館山市の沼のびゃくしん、が次の目標ですかね……もう、このへんだとママチャリで日帰りは厳しいな。北鎌倉なら一泊二日で行けるし、ほかにも見どころが多いから行ってもいいな。

湯河原はもう、電車じゃなきゃいやな距離。以前にママチャリで小田原までいったときの経験にもとづく。館山はもっと厳しい。


こむつかし三成

こむつかし三成

『こむつかし三成』 マンガとつぶやきのまとめ 『風雲児たち』の二次創作マンガ、『こむつかし三成』と、その宣伝ツイートや関連ツイート...

記事を読む

カリーメシをカレーライスにする

カリーメシをカレーライスにする

表題の通りです。カリーメシをカレーライスとして食べます。   カリーメシの中にはアルファ米とフリーズド...

記事を読む

揚げない『ず丼』が美味かった

揚げない『ず丼』が美味かった

ナマズ料理に憧れがあります。好きというより、なかなかお目にかかれないので憧れているというのが近いです。まあ、好きは好きなんですけど。 ...

記事を読む

[装備] ポータブル電源で電動アシスト自転車を充電するという目論見と誤算

[装備] ポータブル電源で電動アシスト自転車を充電するという目論見と誤算

2021年の始めに電動アシスト自転車を買いました。 フードデリバリーで糊口をしのいでいたので、借金してでも買わ...

記事を読む

ドラゴンフルーツの皮はドラゴンフルーツの皮です。マグロにはなりません

ドラゴンフルーツの皮はドラゴンフルーツの皮です。マグロにはなりません

私はドラゴンフルーツの皮はいつだって野菜炒め 最近、ドラゴンフルーツの皮を茹でてわさび醤油で食べたらマグロ、という...

記事を読む

『文学の名作をコマ割りしちゃいました』(試し読み)

『文学の名作をコマ割りしちゃいました』(試し読み)

日本文学の名作短編を、原文はいじらずコマ割りだけでマンガっぽくしてみました。 2021年の1/23から、私のpixivFANB...

記事を読む

[やってみた] 木片を浸けたら酒は旨くなるのか?

[やってみた] 木片を浸けたら酒は旨くなるのか?

意外にも、美味しくなったので、ご報告いたします。 世の中に、『Whiskey Elements』なる商品があります...

記事を読む

NO IMAGE

Park + ing !

この記事は、単独で記事を立てるほどでもない公園を紹介するための記事です。ときたま更新します。 この記事内では新しく書かれたもの...

記事を読む

すぐ影響されて茴香豆(ういきょうまめ)作る奴

すぐ影響されて茴香豆(ういきょうまめ)作る奴

もー。読んだ小説にすぐ影響されて料理作るー。 自分のコンテンツのくせに自分のサイトでまったく告知してませんが、パブ...

記事を読む

[中野区][杉並区] 妙正寺川と善福寺川に沿ってぶらぶら

[中野区][杉並区] 妙正寺川と善福寺川に沿ってぶらぶら

訪問日は2016-09-25。 この日、まあ、デジカメ散歩したい。しかし、遠出するには寝過ごした。近場...

記事を読む

古民家を3棟つなげたキメラ豪邸――徳冨蘆花旧宅(東京都世田谷区)

古民家を3棟つなげたキメラ豪邸――徳冨蘆花旧宅(東京都世田谷区)

蘆花恒春園(東京都世田谷区)に残る徳冨蘆花旧宅の訪問記です。 訪問日は2016-12-10。徳冨蘆花の旧宅だそうで...

記事を読む

NO IMAGE

謹賀新年 2021

明けましておめでとうございます。 感染予防のため、私の今年の元旦は自宅で、午前10時に目覚めて迎えました。 ...

記事を読む

[蕎麦] 築いて食べよう!城ソバ

[蕎麦] 築いて食べよう!城ソバ

ダムカレーみたいなのが城趣味界隈にも欲しいと思ったけど、無いので自分で作った 表題の通りです。あったらいいなと思ったのです。 ...

記事を読む

[古民家][博物館] 近世と近代の味わい 杉並区立郷土博物館(東京都杉並区)

[古民家][博物館] 近世と近代の味わい 杉並区立郷土博物館(東京都杉並区)

2016年に古民家の篠崎家住宅と、それが所在する杉並区立郷土博物館の常設展を見た話です。 訪問日は2016-12-...

記事を読む

NO IMAGE

[サイト改良] 拡散しない「ええよ~」ボタンを設置しました

「ブログ桝席」に、気に入った記事を評価できるボタンを設置しました。 記事の右上にあるハートが「ええよ~」ボタンです...

記事を読む

[商業施設] 西船橋と猫とイケアと(千葉県)

[商業施設] 西船橋と猫とイケアと(千葉県)

2016年11月に船橋に行ってイケアを観光してそのあと飲んだという、ただそれだけのエントリです。 4年後に、わざわざ記事に...

記事を読む

NO IMAGE

[4コマ] ダミ茶 volume1 チリペッパー(試し読み)

2020年4月電子書籍をリリースしたあと、当サイトにエントリを立て忘れていましたので、遅ればせながら立てました。 もっとも、試...

記事を読む

NO IMAGE

[まとめ] 桝田道也 2020 のリリース一覧

2020年も残りわずか。もう、年内に新作の商品のリリース予定はないので、今年リリースしたものをまとめました。 2020-02-...

記事を読む

[レキメン第16作] 『夢まぼろし信長』 (試し読み)

[レキメン第16作] 『夢まぼろし信長』 (試し読み)

日本史上の著名人を題材にしたギャグ短編シリーズ『レキメン』の最新作、『夢まぼろし信長』をリリースしました(2020-12-0...

記事を読む

桝田道也の電子書籍・写真・フォントその他が月額100円で読み放題!
ダウンロードし放題!ほめ殺しし放題!
あなたも支援者になって桝田道也ほめてほめてほめまくりませんか?
桝田道也の pixivFANBOX 『オニオンおにぎり』

桝田道也の電子書籍・写真・フォントその他が月額100円で読み放題!ダウンロードし放題!ほめ殺しし放題!あなたも支援者になって桝田道也ほめてほめてほめまくりませんか?――桝田道也のpixivFANBOX『オニオンにぎり』

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)