近世大名は城下を迷路化なんてしなかった_バナー

計るだけダイエットを PC でやるとしたら

〝計るだけダイエット〟の記録を PC でつけたい

昨年末、忘年会の前に体重を計ったら 74.6kg だったんですよ。

私の人生最デブ記録が 75.5kg 。

正月に帰省して吐くほど(←比喩でなく文字通りの意味で)飲み食いしたら、なんと 76.4kg になっていました。記録更新です。おめでとう自分ありがとう飽食の時代。

これはいかんと、乗馬マシーンを買って電気ビリビリベルトを買ってアブなんとかやアブホニャララやアブhogehogeを買わねばーっ!……というわけにもいかんので、タダでできる〝計るだけダイエット〟をやることに決めました。

ためしてガッテン – 「計るだけダイエットのやり方と記録用紙」
http://www3.nhk.or.jp/gatten/

PC を使って記録したいんですぅ

ただ私、実は〝計るだけダイエット〟を以前に試して挫折しているんですよね。計るだけなのに。だけなんですけど。

毎日、紙に記録を書いていくのが面倒で、そのうち計るのも忘れてしまって、なし崩し的に頓挫。

職業柄、筆記具を握るのが嫌とかは申しませんが(私の兄は言うんです。キーボード使わせてくれー!と。)、やはり記録は PC で管理したい。

じゃあ、表計算ソフトでやればいいって話ですが、表計算ソフトって、起動がけっこう重いじゃないですか。エディタくらいパキパキと起動してくれなきゃ、めんどうになるよなあ、と。

なにかもっと習慣になっている行為と連動させないと……そうだ!ブログはほぼ毎日書いている……というか、ウェブブラウザを立ち上げない日は無い!

で、ここで思い出したのが、Google Docs & Spreadsheets
http://docs.google.com/
自分にとってウェブブラウザで表計算をやるメリットがあまり無かったので、これまで触ってもいなかったのですが、これを機に触れてみました。

Google Spreadsheets で〝計るだけダイエット〟

ダイエット用のスプレッドシートを作って、http://docs.google.com/をウェブブラウザ起動時に開くページにしておけば、否が応でも記録を忘れることはないだろう……という魂胆です。

diet_sheet.png

本当は、ウェブブラウザ起動時に直でダイエット用のスプレッドシートを開く方がいいんでしょうけど、重いのでシートが一覧表示される http://docs.google.com/ を起動時のページにしました。

今のところシートがダイエット用の一件しか無いので〝計るのを忘れない〟という当初の目的は果たせているようです。

表の項目も自分が使いやすいように変更してみました。グラフ表示ができないのが残念ですが、グラフで見たい時はエクスポートして OpenOffice でグラフ化すればいいか…と思ってます。 もしくは Google Spreadsheets の機能進化待ち。

背水の陣を敷く勇気が無い

せっかく Google Spreadsheets を使うんなら、もっと面白いことができると思うんですよ。ダイエット用のスプレッドシートを公開して、友人&知人&見知らぬ人に監視してもらう背水の陣ダイエットをするとか、シートを共有して複数人でダイエット記録をつけて競いあったりなぐさめあったりするとか。

それを提案してみたものの、公開ダイエットに失敗したら恥ずかしいので自分がやろうと思わない……のが、エンターテイナーとしての桝田道也の弱さだろうか?などと考えました。

 

追記:2020-01-12

その後、どうなったか。Google Spreadsheets だって、結局、重いやんな……ってなって、計るだけダイエットは1ヶ月くらいで辞めてしまい挫折しました。

ちなみに体重はこの数年後に、医者から
「あんた糖尿の初期段階だよ」
と言われて、ダイエットに成功しました。このときは、計るだけダイエットでもなく、単に糖質制限とカロリー制限で成功させました。

結論――ダイエットの成功に必要なたったひとつのもの、それは「やらざるをえないと自分を納得させる理由」。

で、またちょっと体重が増えてきたので、またちょっと計るだけダイエットが気になってる今日このごろです。

もし今の自分が計るだけダイエットをやるなら、TiddlyWiki を使うでしょうね。カンマ区切りで記入し、1か月おきくらいに表計算ソフトにコピペというやり方をすると思います。

前ブログから転載

通りすがりの勇者 はてなグラフでやってる人多いです
http://graph.hatena.ne.jp/t/%e4%bd%93%e9%87%8d
桝田道也 多いですねー。
はてなグラフは、グラフを非公開にできるかどうか、
ヘルプではよくわからなかったので敬遠してました。
出来たんですね。しまった!

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)