近世大名は城下を迷路化なんてしなかった_バナー

日記 2015 年

2015-01-23 1月

 六本木にて。

青木さん主催の新年会に参加。キッチン付きのスペースを借りて青木さんらの手料理をいただくという贅沢な会。なんとなくルイーダの酒場っぽいと思っている。青木さんはお酒が飲めないのだけど。

ホストが料理を作るのに忙しく、あんまり喋れないのが残念ではある。しかし料理してる青木さんが実にイキイキして楽しそうに見えるので邪魔しちゃ悪い……とか思ってたら
「楽しくないですよ~。大変ですよ~」
って。えー(汗)。じゃあ、普通の安い居酒屋でダベりましょうよお~
「美味しくないものは食べたくないじゃないですか」
って。業の深い人である。

まあ、11時間くらい食べて飲んで人狼やって……として会費が数千円ですむのは料理がセルフだからですな。もちろん料理はすばらしく美味しゅうございました。

数年ぶりに高梨さん、奥村さんに再会してつい飲みすぎて、終電で降りるべき駅を乗り過ごし、2駅ほど歩いて帰ったけど、まあ、それはそれ。

おお、『ミスターエドボーガス ミュージックマシン』俺が持ってたのはプロじゃなくてライトの方だったけど~…と、ほのぼのしようと思ったらなんだよ、これw

近況:さいきんのわたくし(単なる生存報告) 2015-06-12

半年ほど日記を書いておりませんでした。訪問記とかたまに更新して、ツイッターではだいたい毎日つぶやいて、はてブもしていたのですが、ブログは放置しておりました。

ようするにやる気がなくなってるだけなのですが、心配されたのか電話やらメールやらをいただいたので、生存報告がてらの近況を。

簡単に言うと、春からアテにしてた学習マンガの仕事がご破算になったので、ふてくされてるだけなんですが。

私の出したマンガがクライアント様のご希望にかなわず、クライアント様のご要求どおりに描くと5W1Hのない、マンガとは呼べないものになってしまうので私もプロとして恥ずかしいものを描くのを是とできず……結局、破談になった次第です。

いまは、前から続けてる『ロックな楽典』と単発のイラスト仕事をやってます。

 学習マンガサンプル

これは大急ぎで描いたサンプルの一部。ほとんど下調べなしだったため、山背大兄王の年齢設定を間違えてますね。

聖徳太子の子で王位継承者という肩書きにとらわれて二十歳前後をイメージしてしまったのですが、おそらく入鹿たちに殺害されたとき30代後半だったと思われ。

この時代、もう「みずら」は廃れてたんじゃないかと思うけど、これはマンガとしてキャラを見分けやすくするための意図的なもの。

まあ、そんな感じで。

マンガの仕事がなくなったんなら、戻っておいでよ、とこれを読んでる前の職場の人の声が聞こえる気が。

まあ、そのー、一年半ほど二足のわらじを履いてつくづく思ったのですが、やっぱ兼業やってるとマンガを描く時間が無くなるな、と。私ァ田中圭一先生のような超人にはなれない。

でも生活できない以上、なにかやらねばならんのですが。もうちっとギリギリまでねばってマンガやイラストでお金を得る道を模索してみようかな、と思っております。

そう思うようになったのも、一年半ほど兼業してみて前職の勤務先の皆さんが頑張ってる姿を見て思うところがあったからなのです。

兼業を始めたころは、
「もう、俺の人生どうなってもいいや」
くらいに捨て鉢になってたのです。いまは、
「まだだ……まだ、あきらめんぞ……」
ですね。

実を言うと、そういうわけで、心配されるほどやる気がなくなってはいないのです。むしろ、ブログに時間を割いていられないというのが本音。

アフィとかインセンティブとか

そんなわけで、セルフ電子書籍やらインセンティブやらアフィやらで安定して収入が得られるようになればマンガに専念できるかなー、と思って、手の空いた時間に NAVER まとめやらを作ってますが、やっぱりそんなに甘くないですね。現状、月に数百円にしかならない。

本当、アフィやインセンティブやユーチューバーで生活できてる人を尊敬しますわ。

↓今年になって、こういう NAVER まとめを追加しました。

↓これは去年から今年にかけての動画。

片手間に作ったものだから閲覧数も伸びず、閲覧数が伸びないから儲からないなら止めようか(イマココ)、みたいな。

YouTube はねぇ……。昔、パートナー制が始まったときに申請したら、あんたの動画の内容じゃ話にならねえぜ、みたいな感じで審査に落ちたんで、頭に来て動画を全部削除してニコニコに引っ越したんだよね。

そのころはなかったアドセンスと YouTube 動画の関連付けも今はできるし、パートナーの審査に落ちても収益化の道はあるんだけど、正直、もう関わりたくない感じ。

ニコニコに満足してるわけでもないので、より高いインセンティブの得られる動画配信サービスが出てきたら、また引越しするかも。

まあ、皆さんにご心配されながら何とか生きております。 上記リンクをクリックしていただいても助かりますが、 なにが一番助かるかというと作品を買っていただいたり、宣伝していただくのが一番なのです。これが今の私には何よりの助力になります。

↓こちらは NAVER まとめやニコニコ動画とちがって片手間じゃない仕事の成果でありますので、有料商品ですが優良商品ですので、ひとつよろしくお願いいたします。
Amazon.co.jp: 桝田 道也:作品一覧

日記:06-15あたり

どうも色々と体の調子が悪くて、寝込む日が多いです。運動不足です。スモー・スクワット始めました。プリケツを目指します。

13年前の写真。奥多摩むかし道にかかる「しだくら橋」。

はじめて「トイ」じゃない普通のコンデジ(それでも2万円くらいの普及価格帯機)を買って3ヶ月。ちょっと近所じゃないところ、でもお金がかからなさそうなところ……ということで奥多摩湖へ向かいました。この時点で、それ以上のことは無計画。

もういちど書きますが、13年前の話です。

奥多摩駅についたら、奥多摩湖まではバスか徒歩か。バス代がもったいなかったので徒歩でいくことに。徒歩にも幹線を歩くか昔からある生活道をハイキングコースにした「奥多摩むかし道」があって、せっかくならってんでそっちを歩くことにした。

無計画なのでトレッキングシューズではなかった。当時、そんな大層な靴は持ってなかった。十月なのでサンダルではなかったはず。

このとき歩いた奥多摩むかし道のことは、わりかし鮮明に覚えている。無計画で下調べなんぞしてなかったので、10kmくらいあって、うち 2/3 くらいは舗装されてない山道だとは知らず、途中から後悔が混じりながら歩いた。目的地に着いたあとでは良い思い出だが。

ただ、この途中のむかし道の部分では数枚しか写真を撮らなかった。それが心残り。

まだデジカメに慣れてなかった。目的地の奥多摩湖でどのくらいの画素数で何枚撮ることになるか読めなかった。当時のCFカードの容量は 128MB。だから、途中のむかし道では節約したのだ。

結局、奥多摩湖に着いて80枚くらいは撮ったけど、設定を VGA から最高画質(たしか 200 万画素w)に戻すのを忘れてた。容量を 95% も余らせてしまった。

そんなわけで、奥多摩むかし道、楽しかったし、撮りなおしに行きたいなと思う。が、 一度あるいたハイキングコースをもう一度……と思うと、やっぱりやーめた!となってしまう。

小平ふるさと村とか、江戸東京たてもの園とか、もう一度行って撮り直したいんですけどねー。

旅に行きたい

   interest_match_relevant_zone_start これは見たい!新しくて古い絶景・日向岬の「クルスの海」と「馬ヶ瀬」 interest_match_relevant_zone_end
  http://matome.naver.jp/odai/2143412350347272201

自分のむかしのブログ記事を元に書き直しました。

↓むかし作った動画。旅に関係ないけど蒸し暑くなってきたので貼る。

日記:六月下旬~七月上旬あたり

  ホーム – 鳥獣戯画制作キット
  http://gigamaker.jimdo.com/

というオモチャで遊んだりなんかして。

https://twitter.com/mitimasu/status/615121479466790912

https://twitter.com/mitimasu/status/615136384597135361

https://twitter.com/mitimasu/status/615514670082887681

https://twitter.com/mitimasu/status/617320283578351617

恥ずかしながら、一枚目のDBパロのが

  「鳥獣戯画制作キット」を使ったクールな作品20選 – ViRATES [バイレーツ]
  http://virates.com/funny/26125700

に選ばれておりますな。

本当にクールなのは2枚目なんですけどね。 完璧なものには説明も題名もコメントも要らない。


霞を食べて生きていけないので、ガテン系のバイトはじめました。3ヶ月くらい、運動不足だったので体が悲鳴をあげてます。

デジカメの写真は基本的に月別に整理する私なのですが、6月はとうとうフォルダを作らなかった。アナログ絵動画などを作ってたので、なにかをする気力が失われていたわけじゃない、と思う。

むかし作った動画を YouTube に再うpしてます。

だいたい一日一本のペースで。

  mitimasu のチャンネル – YouTube
  https://www.youtube.com/channel/UCtzy-7tKvXV3Kq1VdSzIS6Q

YouTube動画

YouTube動画

YouTube動画

YouTube動画

YouTube動画

YouTube動画

YouTube動画

YouTube動画

YouTube動画

YouTube動画

YouTube動画

YouTube動画

YouTube動画

YouTube動画

YouTube動画

YouTube動画

YouTube動画

YouTube動画

YouTube動画

YouTube動画

YouTube動画

YouTube動画

YouTube動画

YouTube動画

YouTube動画

YouTube動画

飲まず次郎長くつがえし正雪の電子書籍化も終わったので、コミック乱でやってた偉人伝シリーズは、あと一本を残すのみ。これを電子書籍化したら、一冊にまとめてお買い得価格な電子書籍アルバムをリリースする予定です。

この偉人伝シリーズと浅倉家騒動記とファンブル5はまんが王国 – 無料漫画・コミックが1000作品以上!試し読みですぐ読める!…と契約してデータを提供したので、そちらでも購入できるようになるかと思います。浅倉家なんかすべて無料で絶版マンガ図書館 | 浅倉家騒動記…で読めるのに、買う人がいるんだろうか?と思いますけど。まあ、自分の悩むことじゃないな。アドラー心理学ってこういうこと?(よくわかってない)

あと、先月、表紙とイラストを納品したムックが……えー、いつ出るんだろ?8月くらいかなあ?はっきりしたら報告します。

日記:七月中旬~七月下旬あたり

 ジョウロ

今月はぜんぜん写真を撮ってないので、昨年撮った写真。

ちゃんと毎日、眠れているし、食欲もあるから、そんなに心は弱ってないと自己判断している。

でもやっぱり、写真を撮ってないとか家庭菜園を止めているとか、そういうところから日常(現実)に対してやる気が減退してるのがわかる。認めざるをえない。

一週間、ツイートしなくなったら、いよいよなので、そのときは心配してください>関係者各位。



高校のときの恩師(美術部の顧問)と、十数年ぶりに電話で話をした。 私の拙著(日本全国波瀾万城)が宮崎日々新聞に載ったとき実家の方にお電話いただいたのだけれど、不幸な行き違いでいろいろあって、そのときは連絡がとれなかった。

電話で話した内容は、とりたてて言うことはない当り障りの無い社交辞令と世間話、そして私へのちょっとしたはげまし。

先生から具体的に教わったノウハウというものは、そんなにないような気がする。 些末な技術よりも、大きな基本的姿勢をそれとなく教える方だった。

「キミは、なんでこんな汚い色にしちゃうかな」
と、なにげなく言われたのが印象に残ってる。そのころの私は絵の具のチューブから出した色をそのまま使うということがなく、 必ず混色していた。そのため画面は常に鈍い色合いだった。そしてそれまで、そもそも画面がきれいか汚いかを意識してすらいなかった。そのときの気分で使いたい色を使ってただけで、想定する完成形などなく行き当たりばったりで塗っていた。

この、なにげないひと言で、多少は完成した状態で美しく見えるかどうかを意識するようになったと思う。 その場の気分による行き当たりばったりではなく、目的地を設定してそこに着地を目指すように描くようになったというか。そんな、当たり前のことすら高校生の自分はできていなかった。

まあ、いまもそこまでギチギチに予定調和な描きかたはしておらず、ある程度のイレギュラーがある描画過程を好んではいるのだけど。

なにより、教師ということを抜きにして、アーティストとしての先生の作品が好きだった。

本日、7/30 が最終日。宮崎空港ギャラリーにて。

2015 年7月のエアポートギャラリー|宮崎空港ビル株式会社


近年の作品かな。やっぱ好きだわ。

また今年も行かない一人旅の計画だけ立てる

  日本一、日本最古、日本唯一の観光地・観光物件 都道府県別リスト – NAVER まとめ
  http://matome.naver.jp/odai/2143536280504235601

なんとなくまとめたら、単に自分が行きたいところリストになった。

また今年も、「行くとしたら」の前提で夏旅行の予定表を更新した。最初に作ったのは 2012 年だから、ついに行きたいけど行かない4年目だ。

青春 18 きっぷで2日目:竹田城 – 3日目:鳥取城 – 4日目:松江城 という無謀な予定表だ。山城が二つ(太閤ヶ平を見ずして何の鳥取城ぞ)だ。死ねる。しかもこれが最低のタスクで、一日目にどっかの城に寄るつもりだし4日目は可能なら出雲大社にも行きたいという強行軍計画なのだ。

ある意味、行けてなくて幸せなのかもしれん。

オンライン地図の上のブックマークだけが増えていく。

 

日記:八月中旬

 錦糸町駅北口

錦糸町駅北口にて。南口にしか行ったことなかったので、こういうオブジェがあると知らなかった。なんだろね、これ。お互いにウンコをひりながら巨大化していく逆ウロボロス金色ウンコ?


終戦の日。

明治維新からだいたい 150 年とすると、戦時中の人間にとっての西南戦争が、我々にとっての太平洋戦争くらいの距離感か。

たしか野田昌宏氏が書いたエッセイだったと思うが、少年の頃に日清・日露戦争の話を聞いて、遠い昔の話を聞くように感じたとか。

そんなもんかなと思ってたけど、考えてみれば当時の少年の感覚だ。 今の十代の子が 1980 年代の話を聞くようなもんだ。

当然に、太平洋戦争時におっさんだった連中は
「日清・日露なんてついこないだじゃん!」
と思ってたことだろう。そんな彼らも西南戦争は遠い昔の話だと思ってただろう。

主観だ。主観。戦後 70 年という数字に、たいした意味はない。


9月に5連休がある。

おそらく秋の乗り放題パスの利用期間は10月中旬前後だろうし、夏の青春18きっぷは終わってるし……と思ったら、 北海道&東日本パスって、9/30 日まで利用可能じゃないですかー。

連続7日間有効、だから5連休で使うと仮定して平日に仕事がある人間は二日分がムダになるけど、充分モトはとれるよね。

と思って東北の城めぐりの計画だけは立てたのだけど、いくら安いといっても、食費やネカフェ泊代、カプセルホテル代も5日分となるとバカにならない。きっぷ含めて3万くらいは必要か。3万あったら旅行より優先するべきものがたくさんあるよなあ……壊れたスキャナとか壊れたライトボックスとか起動でこけまくるPCとか測光がアホになってるデジカメとか……と思うので、やっぱり計画だけ立てて結局は行かないだろうけど。

会津若松にもう一度行って、仙台城→盛岡城→弘前城→山形城→米沢城を見て回る。ああ、行けるといいな。たぶん行かない(行けない)けどな。

「秋の乗り放題パス」はどうか

どうしても9月の5連休を有効活用せねばならぬというわけでもなし。

おそらく今年も10月中旬に「秋の乗り放題パス」が来る。2泊3日ならきっぷ代も宿泊代も4泊5日の 60 % だ。

(たぶん行かないけど)行くとしたら?

竹田城、見たいねえ。途中、大津で下車して膳所城なんかも見て、夜に竹田に到着して登山して展望台で野宿。 十月の山間部だから寒かろうが、真冬じゃないからなんとかなるだろう。雲海は別に出てなくてもいい。 ただ、雲海ねらいの観光客で混雑してそうではあるな。

がんばれば一日で東京から米子までは行けそうなんだよな。 1日目・3日目は完全に移動に割り切って、二日目に松江城と出雲大社を見るという手もあるか。

米子城・鳥取城をスルーするのは忍びない。しかし鳥取城は見るなら一日仕事の登山になるので、しかたない。太閤ヶ平を見なくて、なんの鳥取城か。

じゃあ、鳥取城を目的地にすれば?という考えもあるのだけれど、せっかく山陰まで行くなら、まずは松江城を見たい。

あと、南紀の城も見たいんですけどね。津まではつながりがいいのだけど、そっからが辛い。 伊賀上野城はいっぺんいったことがある。大学1年だか2年だかのとき。将来、城のマンガを描くなんて夢にも思ってなかった頃だ。たまたま、いつも東海道線じゃつまらんなと思って関西本線に乗り、せっかくだから忍者の里でぶらり途中下車しただけだ。

自称日本一の高石垣(正確には単体で日本ニ位)は、高いなあと思ったけど日本一とは知らず、それ以上の感銘は受けなかった。スマホはおろかデジカメもなく、写るんですで1~2枚ほど、石垣の上からの景色を撮ったくらいだっけ。

それよりも森の中をえっちらおっちら進む関西本線が面白かった記憶が強い。もう二十年以上前の記憶だけど。

世界遺産の鬼ヶ城とか見たいんですけどね。熊野は行くまでに時間がかかりすぎるし、安宿もあまりない。 ぶっちゃけ 24h 営業のファミレスすら……

と、計画だけ立てて楽しんでる。なんだこいつ、前回の日記と似たようなことまた書いてやがら>自分。

日記:八月中旬

 高島平駅ホーム

都営三田線、高島平駅。自宅からそう遠くはないのだけど、ふだん三田線に乗ることがないので今まで1度か2度しか使ったことがなかった。ホームの屋根は面白いデザインだし、巣鴨あたりまでの車窓も良いんだけどね。


何年も前から控え企画として温めていた案が動き出した。まだ契約にはいたってないので、お流れになるかもしれんけど。

控え企画の理由は、その題材をやるとなったらけっこう勉強しなきゃならんから。

私だって付け焼刃の知識でマンガを描きたくないけど、人生は有限だ。もう、人生80年の半分を使ってしまったのだ(ぁぅ…)自転車操業、自転車操業。

そして、まだ契約にはいたってないけど連載を得るために、せっせと勉強中。

「おめーは、勉強より絵の練習しろ」
て思ってる友人知人読者の声が聞こえるような気がする。それもわかる。

だもんで、日本美術や東洋美術の画集などもときどきに見ている。 友人知人読者の皆様は
「アホか萌え絵を勉強しろっつってんの!見るんじゃなくて描くんだよ!」
とおっしゃりたいのかもしれない。

幻聴ばかりが聞こえていけない。

こないだ、作画崩壊のコメントとともにツイッターに貼られてたアニメ絵、どこが崩壊なんだか本気でわかんなかったなー。これで作画崩壊だったら世のマンガはミミズののたくりばかりじゃないかと思った。

世の中についていけてなくていけない。

csv でくれ

  日本タイトルだけ大賞 今までの大賞一覧
  http://www.sinkan.jp/special/title_list/list.html

タイトルだけ大賞の受賞作一覧のページが、各年ごとにわかれてていちいちページ遷移がかったるいし、 賞名・選者名・著者・出版社等々が入ってて使いづらい。タイトルだけ大賞の受賞作をタイトルだけリストアップしてくれよう、できれば csv でくれよう、と。

結局、自力でコツコツ抽出したんですがね。

# 2009
* ヘッテルとフエーテル- 本当に残酷なマネー版グリム童話
* 31年ぶりにムショを出た―私と過ごした1000人の殺人者たち
* 会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ
* メキシコ人はなぜハゲないし、死なないのか
* 「1秒!」で財務諸表を読む方法
* 女装する女 著者名:湯山 玲子
* ババア・ウォーズ 新たなる美貌
* できる男は乳首で決まる
# 2010
* スラムダンク孫子
* Excelでモテるきれいな表とグラフ作成のコツ
* エクセルができたくらいで好きになんかならないんだからねっ!
* もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
* 即答するバカ
* プリティ・ビリオネア養成講座 ふつうの女の子がルンルンお金持ちになる方法
* これからの「正義」の話をしよう―いまを生き延びるための哲学
* 私の胸は小さすぎる
* 借金お嬢クリス 42兆円耳を揃えて返してやりますわ
* 借金お嬢クリス2 42兆円踏み倒してやりますわ
* 借金お嬢クリス3 令嬢はいかにして42兆円を返済したか?
* 放屁という覚醒
* 命と引き替えにゴルフがうまくなる法
# 2011
* 奥ノ細道・オブ・ザ・デッド
* 社員みんながやさしくなった
* 息するだけダイエット
* タイムスリップ聖徳太子
* モンキー・D・ルフィの「D」はドラッカーだった
# 2012 夏
* 月刊円周率 2月号
* 神さま、そろそろカープに優勝を!
* ウルトラマン妹
* ブッダのいる女子会 よいのです。人生は悩めるものなのです。
* バレーボールは眞鍋に学べ!
# 2012
* 仕事と私どっちが大事なのって言ってくれる彼女も仕事もない。
* 飲み食い世界一の大阪 そして神戸。なのにあなたは京都へゆくの
* 魔法使いなら味噌を喰え!
* 離婚してインド
* パンダは25度以上で死ぬ!? 衝撃の1行雑学888
* 「人間グーグル」との対話―日本を指南する
* もし、ドラッガーを読んでも勝てないと悟った女子マネージャーが肉体を駆使したら…
# 2013
* 妻が椎茸だったころ
* 写真と童話で訪れる北欧(スカンジナビア)と関節リウマチの話
* ブスだけどマカロン作るよ
* カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生
* ランドセル俳人の五・七・五 いじめられ行きたし行けぬ春の雨 11歳、不登校の少年。生きる希望は俳句を詠むこと。
* できる男はウンコがデカい
* 海江田万里・後悔は海よりも深く
# 2014
* 人間にとってスイカとは何か
* さわらせて
* 俺流処方糖尿病・腎・内分泌疾患編
* 怒りっぽい人は脚が太い
* 星降る夜は社畜を殴れ
* 忍者ダイエット
* 精神世界ゼロからのすごい覚醒元メガバンク管理職が語るありがたき宇宙の10倍返し
* 永遠のエロ

抽出してみて、参考になったような気もするし、まるで参考にならないような気もする。

csv ありません。あしからず。

日記:九月

 虫メガネで強制ピンボケフォト(テスト)

虫メガネをかざして強制的にピントのボケた写真を撮るテスト。レンズベビーがありなら、これだってアリではないかと思ったが、よく考えたらマニュアルでわざとフォーカスを合わせない状態をつくるのと同じだな。虫メガネの、安いプラスチックレンズを通した味みたいなのはあるかもしれない。

とりあえず、生存報告的に日記を書きはじめる。ちょろっと愚痴を書きかけて、こんなの誰も読みたくないよなと思って消す。もっと前向きなことを書こうとする。

……ないんだな、それが。明るくなれる材料がカケラもないわー。

ラグビーかー。ルール知らねえしなー。俺が勝ったわけじゃないしなー(これ言い始めたら、世のニュースなんてたいがい自分には無関係だろってなる非常に後ろ向きな感想)

ちゃんと眠れているし食欲も性欲もあるから、大丈夫だとは思うのだけど。自分がいま大丈夫なのかどうか気にしてるってのは、それはマズイ状態なのだよ、と思わないでもない。

  秋の週末に訪れたい!東京都の古民家 – NAVER まとめ
  http://matome.naver.jp/odai/2143821029258924901

先月くらいにまとめて、そのあと見つかったやつをこつこつ調べて追記してた。 結果、東京都にある古民家は 75 ヶ所くらいあったよ!そんなにあるのかよ!

20 ~ 30 くらいだろ、すでに 10 くらいは行ってるからコンプリートできそうだな……とか思ってた自分が甘かった。

茅葺・樹皮葺きの古民家だけにしぼるべきだったかなあ……。

青梅は、まあ、そりゃ古い民家がたくさん残ってるだろうなと思ってた。意外に多かったのが町田。意外に少なかったのは八王子。

オリンピックのエンブレム

  夏季オリンピックのエンブレム。開催国と開催地はどのくらいモチーフになってるの? – NAVER まとめ
  http://matome.naver.jp/odai/2144128890080800901

そもそも、大会エンブレムが記憶に残らない。日本以外だとロス・シドニー・北京くらいしか記憶になかった(ロンドンのときは、もうスポーツ全般に興味を失ってた)

あんまり良いデザインとも思えないけど、メキシコのはデザインの本でよく見かけた記憶があるな(リアルタイムでは生まれてない)

こうして俯瞰すると「おらが国にオリンピックさ来たずらべな~」感がまったくないミュンヘン・オリンピックのデザインが粋すぎてやばい。ミュンヘン民はがっかりしたんじゃないか、これ。

一般にウケるのは北京みたいな、その国のモチーフを全面に出したやつだろうな。サクラとか扇とかモチーフにしました~みたいなわっかりやす~い系統(悪意のある言い方)。

日記:今年もあと3ヶ月

 平和台貯水槽

練馬区平和台貯水槽。特に、歴史的建造物だとかそういうことはない。

東京都水道局では貯水槽を使わない直接給水への切替を促進してるらしい。 とすると、こういう貯水槽やマンションの給水タワーなんかも、 50年後にはよっぽどの建築史的に重要なやつ以外は消えているかもしらんね。


ちょっと私用で渋谷へ行ったり。そうか、ヒカリエというのは渋谷に出来た商業施設だったのか…という程度に世間のことに無関心になってる私。

用事を済ませて時間が空いた。街角の周辺地図を見たら、近くに塙保己一史料館があった。行ってみた。

なかなか面白かったので、あとで記事を起こそうと思う。

埼玉の方には生家があって、こちらは古民家として魅力的なんだよな。いずれ生きたい。

めずらしくWebマンガ投稿コミュニティに登録した

  桝田道也 | あしたのヤングジャンプ | Webマンガ投稿コミュニティ
http://ashitano.tonarinoyj.jp/users/1609047349018095422

1ページマンガというお題に乗ってみたかったので珍しくアカウントをとって、お題にかなった過去作を転載したり、ちょびっと新作(と言っても1Pマンガ)を何本か置いた(追記 2019-12:のちにコミュニティに居心地の悪さを感じたので、作品はすべて削除した)。

読みなせえ、皆の衆。過去作も、特につぶやいたり、このサイトで誘導してなかったから未読の人が多いと思う。

ちゃんとコマが割ってあってペンが入ってるマンガらしいのが過去作です。下描き状態だったり水墨画調だったりCGだったり、ラクしてるのが描き下ろし新作です。

私がサービス稼動初期に登録したウェブマンガ投稿サイトは、だいたい軌道に乗らない、と不吉なことを言ってみるてすつ。ド●ームト●イブとかマ●ガ●ットとか……。たったふたつで「だいたい」って言うな>自分。

お題次第では、このあとも何か置くかもしれないけど、基本、そんなに労力を割くつもりはないので、たぶんふだんは放置かな。

日記:みなさま良いお年を

鉄条網

めっきり日記の更新頻度が減ってしまったこのブログ。

今年の日記カテゴリの記事数はたった 10。250 ~ 300 くらい書いてたころよりだいぶ減ってしまった。

まあ、長くやってると波があるものでしょう。サイトを開設して 18 年。ブログっぽい形にしてからも 13 年くらい。

また、波が来たら毎日熱心に更新するようになるかもしれませんし、そのときはどうかよろしくです。

みなさま、よいお年を。

来年は

無事に東京に戻ってきたら、桝田道也 年賀状アーカイブ | ブログ桝席 に 2016 の作品を追加しますです。

その前にツイッターで公開しますけどね。たぶん元日に。

今年のサルでペーパークラフトシリーズは干支がぜんぶ揃います。来年からは別のシリーズを始めるつもりです(ペーパークラフトはもうネタ枯れしてるので)

羊が二種あるのはご愛嬌w。2003 年のときは単発のアイデアで、続けるつもりがまったくなかった。

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)