日記 2004 年 01 月下旬

日記 2004年1月下旬

日記(01/16)

今、打ち合わせ中のイブ用マンガ。 ネームの直しは来週でいい、 来週がいい(今週は校了で忙しいから)ということだったので、 この企画が流れた時のための保険用に、営業用の原稿に着手。 ネームの直しは土曜以降に。

昼からレベルX(コンシューマーゲームの歴史展覧会)を観に、東京写真美術館へ。 平日だったからか、普通の混み具合。人多すぎで困る事はなかった。

けど、たいして面白くはなかったか。試遊できるゲームも有名作品ばかりで、 どうしてもプレイしておかねば、な作品は無かったし。 パッケージ見たところでしょうがないし。

「データック 幽々白書」「なかよしといっしょ」のパッケージには、 個人的な事情から感慨深いものがあったけど。

5.1サウンド(たぶん)でギャラガの音楽が聞けたのが良かったかな。 あとベルトコンベアー上の最後のファミコンが箱詰めされて、 出荷されていくまでの映像にファミコン年表がオーバーラップしているのがグッときた。

まぁ、入場料250円に、相応な内容かと。 試遊できるゲームは二人プレイできるものが多かったので、 一人で行くべき展覧会じゃないとも思った。

ちょっとした謎

先日、打ち合わせした時。

たしか16ページ描いたハズのネームが、 15ページしか無かったわけで。

考えられるのは、

  • 担当さんがどれかのページを印刷するのをわすれた。
  • 俺が間違えて15ページしか描いていなかった。

のどちらかだ。で、ザッと読み返してみて、 不自然なところがなかったので、たぶん後者だと思っていたのだが。

今、該当フォルダを開いてみたらちゃんと16個ファイルがある。
どういう事だ~。抜けたページってどれだ~。

う~ん……どうやら、ゆうきまさみ先生のデビュー作のような、
「途中が抜けてても問題なく成立する話」
を描いてしまったらしい。 縁起がいい…という話でもないか。

日記(01/17-18)

判明した

先日の書き込み・理由がわかった。

P06を描きかけて、失敗したような気がしたので保留にして、 新規に描き直そす際にファイル名をP07にしてしまったのが原因だった。

圧縮するときにP06を除いてzipにするだけの配慮をしておきながら、 そうするとページ数が一枚足りなくなることには気が付いてなかったらしい>年末の自分。

で、正月が過ぎたらそのあたりの諸々をすべて忘れていた、と。 なにはともあれラッキー(?)

1ページあたりの文字量が多めだったから、1ページぶんゆとりができると楽になる。

17日

池袋世界堂でミリペン調達。

リブロで「これは買わねば~」な本を発見するも、¥14,000。財布の中は¥4,000。挫折。

営業用のマンガの下描き&イブ打ち合わせ中マンガのネーム直し。

18日

営業用のマンガの下描き&イブ打ち合わせ中マンガのネーム直しの続き。

「一夜官女」司馬遼太郎。読了。読んだことの無い有名作家を読もう運動の一環。

えぇ~よりによってiBlogぅ~。と、私的な通信。

えーと、ウチの標準(BeOS+NetPositive)じゃ読めません。Be+Mozillaだと大丈夫なんですけどね。まぁウチみたいな所のマイノリティリポートを気にする事もないと思いますが。

[ iBlogは「うぇぶごむ」でみられない ] http://homepage.mac.com/masam/iblog/C597382040/E1914563086/
とかいう話もありますな。
日本語をすべて記号扱いにしてしまうiBlogの仕様がどうか、という気もしますが

[iBlogツール – 数字になった日本語を文字に直す] http://homepage.mac.com/pirosy/C1929643575/E1209701754/index.html
とか使ってくれたら嬉しいかも~、と勝手な要求を出しておきます。

日記(01/19)

起床後、イブ打ち合わせ中マンガのネーム直しをメール。

営業用のマンガの下描きの続き。 営業用といいつつ、本当に営業する気が自分にあるのかどうか微妙な……。 イブの方がポシャったら気があろうとなかろうと、やらねばならんのだが。

モニ担当さんがわざわざ郵送してくれたドリフDVDを鑑賞。

久々に銭湯へ行った。岩の湯。

日記(01/20)

ネーム直し、残っている分。どう直せばいいのかわからない。

打ち合わせのときは、 説明的な部分をチャッチャと前半で片づけて後半劇中劇でオチまで持っていけば~ みたいに言われて、それでいいか~と思っていたが、 いざそれで行こうとすると安易さと凡庸さが際立ってしまいマズイなぁ、と。

つまり直しようがないんだけど、 直さねば使い物にならないという問題児的ネーム。困った。

煮詰まってる時は寝るしかないので、今日はもう放棄。

下描きとか。

む~、俺のキャス子どこ?……ああ、キャス子がまた記憶喪失してる~。
と、いいつつ煮詰まっているので、買ったまま未消化だった「cosmicsmash」をプレイ。

http://am.sega.jp/utop/closeup/cosmic.html

やっぱこのゲームかっこいいわ。プレイせずデモを観てるだけで楽しい。

日記(1/21)

ネーム難航中。あまりに難航するのでゲームに逃げたり散歩に逃げたりしているので、 さらに進まない(あたりまえ)。ダメじゃん。死ね>自分。

で、ゲーム。CosmicSmash。やっぱりどのゴールを選んでもエンディング一緒かー。

ハイスコア追及って作業にあまり意義を見いだせない体質の俺にとって、 このさきプレイするための動機が限りなく薄まってしまった。

で、散歩。本屋とか。 編集会議とか立ち読み。 特集は「売れるタイトル」。 なんてタイムリーな。 んでも参考になる記事は無し。

ベストセラーのタイトルを並べて見ても、そこに法則性を見いだすことはできないし。 タイトルの力だけでベストセラーになった本だけを抽出できれば、そこに何らかの法則性なりノウハウなりが見いだせるのでしょうけどね。

つっても、
「この本はタイトルの力だけで売れた(=中身は無い)」
なんて失礼な記事を普通の商業誌に載せるのは不可能だから、 つまり、役に立たない特集だったと。

タイトルに「の」が入ってればヒットする~ みたいなジブリの偉い人による「頭悪そう」な説もありますけど。

あー、たしかにヒットしましたよね「となりの山田くん」「猫の恩返し」。 そうだ!「平成狸合戦ぽんぽこ」がヒットしなかったのは「の」が入っていないせいですよね、 きっと。ええそうですとも。

そういうのを踏まえて、 イブで打ち合わせ中のマンガのタイトル案に「のののの」というのを提出してみたら、 一笑に付されましたが。

で、ビームの副編集長の日記
http://www.kanshin.jp/comic-beam/?mode=diary&id=18845&date=2004-01
の2004.1.18に、「世界の中心で愛を叫ぶ」というタイトルについての話が書いてあって興味深い。

伝聞形式で書かれているので真実かどうかは不明だけど、 あのタイトルは担当編集者が付けたものらしく作者はかなり抵抗したらしい、と。 まあ、まともな神経の持ち主ならあのタイトルは容認できんわな。日記にあった、

>自分は、あのタイトルのせいで「その小説、読まない」って思っちゃった人間なのですが。

に同意。

さらに月刊ASCII立ち読み。
おお、いつもレポートする側の筆吉先生が、レポートされる側に。 ほうほう。ふぅ~む。あんまり関係ないけど、以前に筆吉先生に伺った
「柳田理科雄は、本名」
という話は個人的には良いトリビアだなぁ、と思った。 普通付けないよなぁ、子供の名前に「理科」って・・・。

人のウェブロにケチつける奴。つまり自分。 でもよく考えたら俺って有名ウェブロを何ひとつ触ってないやー。えへえへえへ。

単にウェブで聞きかじった知識で偉そうに語る奴。つまり自分。
やだね耳年増は。

だからといってこの日記のシステムを入れ替える予定は当面無いけど。 コメントやらトラックバックとか必要無いし。

読んでる人はツッコミ入れたくてしょうがないんでしょうが。面倒なのは嫌いなので。 あと、HTMLの吐き出し部分とかをいじったりデータをトップページに読み出したりするから、 自分の乏しい技量じゃ手に負えない(ソースを見ても何をしてるかの見当もつかない)ほどの高機能なツールは使いたくないという内情もあるけど。

ともあれ、近いうちに暇を見つけて有名どころのウェブロを片っ端から試してみようと思う。まずは「はてな」ですかね。

経過報告みたいな~

ネームUp。結局、そんなに変わってない。 つまり、没が目に見えているわけで、ちょっと鬱。

これからイブニングフォーラム用の1Pマンガ(現在の唯一の収入源だ)のネームをやらねば。

最近、この日記の書き込み、ネガティブな感想が多いな。 やれ○○はつまらないだの、××はダメダメだ、だの。 こういう事ばっかり書いていると、いつか刺されるから避けるべきなのに。みなさんさようなら。

昨日の日記のフォローめいた事。 ジブリの偉い人、すなわち鈴木さんがダメだと言ってるワケじゃねっす。 宮崎監督がヒットを続けていられるのも、 こういう〝臆せずダメ出しができる人〟がいてからのこそでしょうから。 周りにイエスマンしかいないと人はすぐ陳腐化するのが必然ですけえの。 セネカを捨てたネロ然り。

でも、タイトルに「の」、の一件は「そりゃ違うだろう」と思っただけで。

そいうや2巻のオビのコメント、またも大物作家が快諾して下さったそうですよ。 恐縮です。誰かは発売されてからのお楽しみ…てことで。

ただ、その大物先生のファンが帯につられて買って俺のマンガにガッカリしないかそれが心配。 まー心配してもしょうがないけど。

日記(1/22)

トップページを微妙に変更。 これで掲示板の抜粋が見やすくなった(はず)。 安心して長文の日記が書け……って書くな>自分。

すぐダラダラと長文になるってことは、文章力が無いってことでんな。

フォーラム1Pマンガの〆きりは、まだ先だと。 担当さんのカンチガイ。でももう、ネーム切っちまった。

宣言通り、はてなダイアリー作ってみた。作っただけで放置の予定ですが。
http://d.hatena.ne.jp/mitimasu/

日記(01/23)

予言。今日の日記は、たぶん長くなる。

このサイトは知人くらいしか見てないのかもしれんなどと思っていたが、そうではなかったらしい。

プロフィールに書いてあったくだりを読んで、 吉富昭仁先生に僕が先生の一年後輩(中学校で)である事を伝えた人がいたらしい。

朝起きたら、先輩(失礼ながらあえて、以下”先輩”で通す)からメールが来ていた。

はうー。伝えてくれた人ありがとうございます。 ぬあー、感慨ぶかい。自分がデビューした時に
「先輩に10年ほど遅れましたけど、ようやくこの世界に来れました~ッ」
と世界の中心で叫んでみたものですが。

向こうはイチイチ後輩の顔なんか覚えていなくても、後輩にすりゃ憧れの人ですから。

知っている人の活動というのは、はるかに自分への影響が大きい。 憧れて、自分も続かねばと勇気をもらう事もあった。 嫉妬を抱いて自分のみじめさに絶望する事もあった。 「ジム・リーがEAT-MANを絶賛」
なんてオビを見たときにゃ嫉妬のあまり死ぬかと思ったし。

「俺の画力の無さは、結局それまで練習を怠ってきた事の裏返しでしかないだろ? 羨むくらいなら自分を責めろ」
と自分に言い聞かせたりしたっけな。

だから正直言うと、 そういう負の感情を持ってた頃は飛び飛びで立ち読みでしか先輩のマンガを読んでないのだけれども。

ついでに言うと、ローンナイトを読んで
「ああ、ようやく本領を出させてもらえるようになったのか」
と安心したのと、 その頃から俺が赤貧にあえぐようになったのも単行本を買わなくなった理由のひとつだけど。
EAT-MANがアニメ化された時には「安心して正解だった」と安心しましたよ。

うーん。それではやはり近日中に、せめてEAT-MANとRAYは単行本を揃えねば。

そして自分のこれからの目標は作品の映像化だな。(アニメあるいは実写)

しかし、歳はひとつしか違わなくてもマンガ家としてのキャリアは10年、 差があるのか……(再び負の感情(ぅぁ~))

打ち合わせで講談社へ。すでにUpしたネーム3本。 ほぼ、直す余地は無いだろうと思ってたやつは、ほぼ直さずキープとなった。

もう少し直さねばならんかな?と思っていたやつは、もう少し直す事になった。 全面的にダメダメだと思っていたやつは、全面的に直すことになった。 うーぬ、なんというシンクロ率!お母さん、ミチヤはやりました!

で、
「他にも別案があったらいいな」
みたいな事を言われるかなと思っていたら案の定言われた。

なので用意していた返答をした。
「連載が確定したら、た~くさん出します」
感じが悪いのは覚悟の上。

収入がない以上は持ち込み用の原稿もやらねばならないから。

決まるか決まらないかわからない企画にそこまでの時間を割くことはできないんすよわかって下さいよ、と。

載ってりゃアそれで幸せって言ってられるほどの子供じゃねんすよ。 なんとなればエロだろうと実録だろうとプロパガンダだろうと描いて、 食っていかねばなんねんすよ。 この辺、貯蓄がある先生だとじっくり何ヶ月も企画を練っていられるんだろうけど。

「ぽちっとニャ~」って、稼働中だったんだ。
http://www.aiky.biz/pochinya/index.html
1年くらい前にロケテをやったっきりだったけど。

ぷよと同じく、上達すれば面白そうではあった。 それはともかく、「ぷよぷよフィーバー」が容認できんから、 GBAの「みんなでぷよぷよ」でもセガダイレクトで買ってみようかなー。単なるイヤミの意味で。

浮き足立ってた

なんか、舞いあがちゃってて昨日の日記は気恥ずかしいな。青臭いというか。まあいいや。

数年後に読み返して悶絶死しそうになる日がくるのを、楽しみに待つとしましょう。

日記(01/24)

結局、主題以外は全部描き直すことになったネームと格闘。 8時間で10ページくらい。なるようになれ。

なんか最近、コワイの話。
「コメントすら付けないニュース収集サイトは誰でもできる。糞だ」
とか
「”今日は何処其処でアレソレを食べた。美味”などというどうでもいい日記が多すぎる!」
などと怒っている人が最近多くて、なんだかなぁ、と。

いいじゃん別に。

自分も学生の頃、サークルの部誌にどうでもいいことを書き捨てる同輩に対して
「もっと読む人のことを考えるべきだ」
みたいな事をいったことがあるけど。

僕が間違っていました。ゴメンネ斉Tくん。 閲覧料を払っているわけでもなし、 つまらなかったら「戻る」をクリックすればいいだけじゃん。

飼ってる猫のサイトとか自分の子供のアルバムとか、 およそ世の中の大半の人間にとって〝どうでもいい〟ページを自由に作れるのが、 ネットのいいところだと思うですよ。

弊害はあるけどね。 クズなページが増えると検索エンジンがうまく機能しなくなる、という。でも、
「価値の低いページは、ネットから去れ!」
みたいな論調に出くわすと、余裕ねぇなぁ、と思うです。

今日は昼食に「ぎょうざの満州」でチャーハン+ギョウザを食べた。普通の味。

日記(01/25)

ネーム続き。終了。明日にUp。まだ時間あるな。 あんまり感触良くなくて、直し要求すら出なかったネーム、勝手に直して一緒に送ってみるかな。

リスク分散用のマンガの下描きをしたり。

テレ朝で「パラサイト」やってましたな。 主演がフロドの人だから、2月公開の指輪3の宣伝を兼ねてって事ですかね。 あんまり宣伝になると思えないけど。

何度も日記に書いたけど、この主演の人による弱虫キャラの演技は天下一品です。 ドラッグでヘロヘロになりながら逃げ回る様は何度見ても良い。

見るのは今回で2度目だけど(たった2度で「何度も」ってオイ) 映画としては、ボスの造形が陳腐なのと、唯一のメガネっ娘が寄生されたあと、メガネを外しちゃうのが欠点かと。

日記(01/26)

営業用原稿の下描きとか。

モ担当さんの話によると、2巻オビのコメントを寄せて下さった某先生が、コメントとは別に
「浅倉家の着物はなんで筒袖ばっかりなの?」
とFAXに書いていたそうな。

ぁぅぅ。それは僕が無知だからです。 そして面倒くさがり屋だからです。 着物の事なんてなにもわかってないからです。

浅倉家を始めて2年くらいたって、ようやく着物には丸袖だとか留め袖だとか、 色々あることを知りましたが、やっぱり面倒なので筒袖のままでした。 そういう制作姿勢かよ。ダメじゃん>自分。

ちなみに日本髪の構造も最後までよくわからないままでしたな。

ウェブログ色々試すぞ運動。 tDiaryを入れてみようと思ったけどうまく設置できず30分くらいが過ぎたので断念。 readme読んでも「○○についてはネットで調べて下さい」とかヌケヌケと書いてあるし。 readmeの意味ないってのそれじゃ。

いや、調べたけどさ。tDiaryのwikiにもreadme以上の事は書いてないし。 よくわからんかったのでtDiaryレンタルの方にしようかとも思ったけど、 重かったのでやめた。

それで、Livedoor blogはどうか?などと思った。機能はよさそう。 でもエッジに個人情報知られたくないので止すことにした。それで今日はお終い。

とりあえず明日くらいにMTかBloggerにトライしてみよう。

イブニング。久々にアンケ書いたりしてみる。 正直言うが正直言って、去年までのイブは個人的には読むところの少ない雑誌だった。

「まっすぐ天へ」以降は新連載陣が俺の好きな作家さんばっかりなので、 今は「良かった作品」を選ぶのに困っている。

日記(01/27)

いろんなウェブログを試す運動第3弾。本命(?)MTに挑戦。
まだ全然わからない。もうしばらく遊んでみる。

日記(01/28)

結局MTのカスタマイズを色々やってたら一日がすぎちまった。 そんなんやってる場合じゃねってのに。

朝寝て夕方起きる生活になりつつある。つーか、なってる。

編集からの電話で起きる。単行本のカバー下の小ネタが大人の事情で没だと。 問題に抵触しないように直した。

笑いとしては毒が減ってパワーダウンしたけど、 代案が思い浮かばなかったのでしょうがないや。 ちうことで、2巻のカバー下にはあまり期待しないで下され。

フォントいじりなど。

なんかハードディスクの様子がおかしい。ヤバイ。 バックアップ取って、かわりのハードディスクを買いに行かねば。

日記(01/29)

昨日、ハードディスクの調子が悪い、とかいた直後にクラッシュ。 せめてバックアップとるまではもってほしかった。

最後にバックアップとったのは去年の10月。 小夏はウェブに上げたやつがあるから、被害は1ヶ月分だけど。 ネームは担当さんにメール添付で返信を依頼した。 向こうのPCに残っていればいいんだけど。

年末の交流会の写真は、惜しいけどまぁ我慢できるか。 ピンボケのアイドル画像とか、イブ担当U田さんのコスプレ写真とかねぇ。 いらんっちゃいらん。 それよりああそれより、吉富先生からのメールが~。メールがああ。ぐはふぅ。 とりあえず、データ復旧サービスに見積もりを依頼した。

俺の予想通り、 物理障害だったら最低でも5万(BeOSに対応している復旧サービスはほとんど無いから、 贅沢は言えない)。 はぁ~ぁ。痛ててててて・・・。

ハードディスクが逝ってしまったので、泣きながら秋葉原へ。
パーツ事情には疎いんで、とくに悩まず吟味せず、 1万円ポッキリで買えるブランド品、 ってことでMaxtorの0.12テラバイトのって120GBって素直に言えよなキャッシュ8メガ流体軸受けがどーたらこーたらのものを購入。

で、帰ってフォーマットしてWindows入れてBeOS入れてネットの設定してあーたらこーたら。 最低限の環境は整ったけど。

で、失われたこの一ヶ月分のアレコレの事を思うと胃に穴が空きそう。 いや、復旧サービスに依頼するかもしれないから、本当に失われるかはともかく。 等幅小夏できてたのにできてたのに。 チンタラやらずに出来た端からネットに上げておけばよかった。後の祭り。

講談社より、去年の稿料ほかの領収書のまとめが届いたことよ。 去年は単行本が出たこともあって、ようやく収入が300万を超えていた。 ようやく人間らしい収入になったと言えますか?

一昨年が160万くらいだったから、ほぼ倍の伸び。ありがたや。 もっとも漫画家の場合、サラリーマンと違って画材代やら資料代などの必要経費が結構かかるので、収入=所得とはいかないのだけど。

んでも、今のところ連載無いから、このままだと収入が無いのに区民税が高いという呪いに苦しむハメになるな。ひぃぃ。

で、打ち合わせ中の企画。すんなりとは決まらないなぁ。 今週、偉い人にネームを見せることになっていた。 で、結果。 偉い人にドタキャンされた。

来週、偉い人を交えてもう一度打ち合わせだと。ぅぅむ。 首の皮一枚でつながっている、そんな感じだろうか?

日記(01/30)

結局、ハードディスク昇天は思いのほか心理的なダメージが大きかったらしく、 フテ寝11時間という暴挙に。ダメだ。ダメすぎる。

で、19時起床。メール見たら、自分が発案した知人との飲み、やりましょうメールが。 それまでレスが無かったからお流れだと思ってたのに。急なのね。 まぁ時間はあるので行きますけど、 このままの流れだと飲みの開始時刻あたりで最強に眠まりそうな気配でイヤん。

HDD昇天で、失われた聖杯……じゃなくてネームを回収すべく、担当さん
「そっちに残ってたら添付メールしてくらさい」
依頼をする。ネーム送られてきた。どれどれ……。

……Stuff Itで圧縮されてる……

いや、いいんですけど。win版StuffIt Expander落としましたけど。 OS Xって標準ではzipで圧縮できないのかしら?解凍はできるみたいだけど。 zipがいいなー、zipがいいなー、とワガママを言ってみる。

HDDの復旧の見積もりは、 ブツを実際に見ないとなんとも言えないけどだいたい3万~7万くらいだと。 手痛い出費だけど、6万くらいまでなら払おうと思う。

今ごろ、「スーパーマリオ3 タイムアタック動画」を知った。 ttp://page.freett.com/hanakusomax/index.html
見てがく然とした。クリアまで10分ちょい。

狂ってる。狂ってる。狂ってる。そして美しい。

スポーツだとか美術・工芸・料理などと同じく、 極まった技術というのは問答無用で人を感動させますな。 (改造や編集などのズルの可能性が無いとは言い切れないけど、 自分の見たかぎりでは至極まっとうな超絶プレイに思えた)

最後のクッパ、FBで殺せるとは知らなかった。 そりゃ1でも2でもFBで殺せたわけだし当然かもしれないが。 落として殺す意外に無いと思っていたので。

大変だ

HDDを復旧に出す前に、所有しているパスワードをすべて変更。
「人を信じるって事は大事だけれども、信じない事も同じくらい大事なの!」
引用元は、どっかの一人芝居メインの役者さん(イッセー尾形ではない)がやってた芝居のセリフ(名前は忘れた)

つーか、パスワード一覧をテキストファイルにしてんじゃねーよ自分。

ま、パスワードは使えなくできるけど、 それでも俺のHDDの中のアイコラだのロリ絵だのふたなり絵だのショタ絵だのが見られてしまうかもしれないことにはかわりないけど(←一部やや誇張……ってじゃあ大部分は事実かい!)

でもワレズが入ってないから安心(?)。

P2Pに手を出さないで良かった、とかそういう問題じゃないか。 まぁいいや。

この先恐喝されたあげく借金抱えて内蔵売り飛ばされて東京湾に沈められる予定です。 みなさんさようなら。またあう日まで。

日記(01/31)

しばらくあっていなかった友達とレベルX見てサクッと飲み。

ずっと掲示板やらメールでやりとりしていたものだから、 そんなに経っているとは思ってなかったけど実際には前に僕のデビュー祝いで集まって以来なので、 正確には4年9ヶ月ぶりなのですな。

gerorin氏にはその後、僕の
「コミケというものが見てみたい」
というワガママにつきあってもらったので、こっちは4年と5ヶ月ぶり。

ネットは仮想での距離を縮めて現実の距離を遠ざける。 と、なにやらむ難しめいた事を言ってみたりして。 僕は仮想での距離が近いほうがいいんですけど。

しばらく会っていなかった人と会うと、どうしてもぎこちなかったりすることが ままあるわけだけど、仮想でやりとりしている人となら まるで2~3日会わなかっただけのようにすぐ馴染めるから。

恵比寿ということもあり、 ついでにMr.Craftに寄って『小さなバイキング ビッケ』のプラモを買ってみたり。 作る気あるのか?自分。

キットのデキは別に良くないですよ。アオシマだし。

でも¥1,600。道具が何もないから筆とセメダインとニッパー、やすり、プラカラー3色を揃えたら¥4,000にもなった。イタタタタ……。

金曜から、ほぼ31時間起きていたので、そのあと13時間寝ますた。うーむ。

広告

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

コメントの入力は終了しました。

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)

もっとくわしく→このサイトと筆者について | 桝席ブログ http://www.masuseki.com/wp/?page_id=3178