04/09 ペンネをペンにする

ペンネはペン先に似てるからペンネと呼ぶ

いろいろあるパスタの種類のひとつに、ペンネというやつがあります。 マカロニの親戚みたいなやつです。

ペンネ

これは「ペンネ・リガーテ」 リガーテとは「溝が入った」という意味。参考→:(ペンネ – Wikipedia

このペンネというパスタ。その名前の由来は「ペン先に似ているから」だそうです。 知ってましたか?私は知りませんでした。

職業柄、ペン先の研究は怠らないようにしているので、 なにはともあれペンネの描き味を確かめてみなければと思いました。

似ているというだけでペンネはペンじゃないなんてことは、理想のペン先の探求の前にはささいな問題にすぎなかったのです。

作ってみた

ペンネペン

荒川で拾ってきた葦をペン軸にして、どうにかペンっぽくしてみました。

ペンネペン

写真じゃちょっとわかりにくいのですが、ちゃんとインク溜まりになる穴も空けて、 インクの流れる溝も割ってあります。

この加工をするのに五個ほど失敗してしまったのは秘密です。

使ってみた

「見せてもらおうか、ペンネ・ペンの性能とやらを」

ペンネペン 実作例

太い線も細い線も思うように描けない、じゃじゃ馬のような通好みの筆致。 そのへんの棒ッきれと同等かそれ以上の野趣あふれる個性派の描き味でした。

ゆでたらどうなのか

ペン先としての実力はだいたいわかりました。

でも、ここで終わっては研究は完全とは言えません。 パスタである以上、ゆでた上での描き味も確かめておかねばならないでしょう。

ペンネ筆

12 分ゆでてペンネ筆(ブラシ)、完成。もうペン先に似てるとか関係なくなった件も、ここまできたらどうでもいい問題なのです。

ペンネ筆 実作例

作例。習字の時間は小学校の授業の中でも特に嫌いな科目でした。トラウマです。

あ!「壁」の右上の部分、「辛」じゃなくて「幸」になってるし、左上の部分は「尸+口」にすべきものを「居」にしてしまってる……(素で間違えました orz)

総評

ペンネのペン先としての実力。それは
「これ、ペンネで描いたんです」
と自己申告しなければ誰にもわからない奥ゆかしさを持った、 それでいて思うように描けない荒々しさもある、まさに趣味人のための非実用美の極みといえるものでした。

『弘法筆を選ばず』
などとも申します。みなさまも、一度、おためしになられてはいかがでしょうか?

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)