ラインマーカー A.Tを買ってみた

『ラインマーカー A.T』という製図用ペンの新製品があったので買ってみた。

『ラインマーカー A.T』という製図用ペンの新製品があったので買ってみました。

いま、私は原稿にGペンとミリペン( pigment liner )とロットリングを併用してるんですが、 ミリペンにもロットリングにも不満はあるので、もっと良い製品があるなら乗り換えたいと思っているのです。

で、『ラインマーカー A.T』。メーカー曰く
「万年筆じゃない」
そうだけど、パッと見るかぎりは原理的には万年筆系のペン。

しかし、使ってみると筆圧に関係なく均質な線が引ける。

これはなかなか面白い。金属ペン先で耐久性も良さそうだったので、一本 800 円くらいして中々のお値段ではあったけど、ためしに買って使ってみた。

最初はなかなか良いと思ったのだけど、しばらく使ってみて、うーん……。

細かい不満もいろいろあるけど、最大の問題点は
ミリペンやロットリングにくらべて視野を遮る部分が大きいってことですかね。

linemarker_at.jpg

ほんのわずかな領域なんですけどね。でも、ロットリングなどに慣れてると、このペン先の物理的な太さの差から生じるストレスが半端じゃない。 製図用ペンだけど、残念ながらコンマ数ミリの精度が必要な作画には不向きかと。

あ、ちなみにペン先は太くても、引ける線は細い(というか表示通り)です。私が買ったのは 0.3mm でしたが、ちゃんと 0.3mm の線でした。

 

いいところもありましたよ。 ロットリングみたいに線の引き始めと引き終わりが太くならないし、 ミリペンよりも消しゴムに強い(ような気がする)

ロットリングよりも斜めに倒して描けるけど、つけペンのように金属面を上にして描かねばならないわずらわしさもあるので、痛し痒し。

つけペンのように使えて、製図ペンのように均質な線が描けるという点をどれほど評価するか……ですかね。

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)