近世大名は城下を迷路化なんてしなかった_バナー

ビー玉レンズ写真、撮ったどー (2007)

注:このエントリは2007年に書かれたものです。上原ゼンジ氏の記事(kitschlens.cocolog-nifty.com > ビー玉の宇宙)を参考に自分でもやってみたという内容です。この頃はまだ、宙玉レンズの発明される前でした。

とりあえずレンズ作成後、最初に撮った写真
ビー玉レンズ写真

駐車場。ビー玉を通して撮ると、光がやたらと強調される。こんなまぶしい写真だけど、撮ったのはまだお日様の位置も低い午前6時ごろ。
ビー玉レンズ写真

ビー玉表面の細かい凹凸のおかげでなんとなく点描風。印象派!印象派!……無理あるか。
ビー玉レンズ写真

空のような大きい色面があると、ビー玉表面の凹凸が汚れとして目立ってしまう。凹凸だけでなく大きなキズもかなり気になる。
ビー玉レンズ写真

デフォルメされたものの丸っこさがより強調されて愛くるしい。
ビー玉レンズ写真

水仙?
ビー玉レンズ写真

朝焼け。ビー玉レンズの良さの一つは極端な歪曲が生じる所であって、消失点の少ない遠景には向いてないらしい。
ビー玉レンズ写真

朝顔。もっと濃くて小さい朝顔だったのだけど、ビー玉を通して撮ったら淡い色の大輪種のようになった。
ビー玉レンズ写真

ヒマワリ。畑の中のヒマワリでこれ以上、近づけなかった。
ビー玉レンズ写真

 

こんな感じで撮りました

gblcam.jpg

材料は透明ビー玉、スチレンボード、紙コップ、黒ラッカー、両面テープ。筒の部分に紙コップを使用しました。

ビー玉に天地左右逆で映った像をスーパーマクロで撮影。

GlassBallLens.jpg

するとこんな感じで取れるので、PCで 180 ℃回転させて、クロッピング。

撮るときに天地左右逆になる問題は、気にせず勘を頼りに撮るぜ大作戦を採用。 カメラを逆にして撮るという手法は、シャッターが押しにくくて難しかったので。

だいたい満足した。さて次はなにしようかな。

追記:参考サイト


前ブログのコメント欄から転載

ひろん 水仙とか朝陽のあたりは、どっかの天体の写真に見えてしまいます。
もういっそ、ナントカ星の観察とか言って天体を捏造してしまうのも面白いかなと思いました。

桝田道也 たしかに惑星っぽいですね。
天体捏造と聞いて、
シムアース を今のPCやハイデフゲーム機でやってみたいと
思いました。


ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

桝田道也の電子書籍・写真・フォントその他が月額100円で読み放題!
ダウンロードし放題!ほめ殺しし放題!
あなたも支援者になって桝田道也ほめてほめてほめまくりませんか?
桝田道也の pixivFANBOX 『オニオンおにぎり』

桝田道也の電子書籍・写真・フォントその他が月額100円で読み放題!ダウンロードし放題!ほめ殺しし放題!あなたも支援者になって桝田道也ほめてほめてほめまくりませんか?――桝田道也のpixivFANBOX『オニオンにぎり』

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)