近世大名は城下を迷路化なんてしなかった_バナー

額にQRコード

貴様のような奴は…額にQRコードを書いて馬鹿にしてやるー!

qrcode.jpg
↑この画像のQRコードはダミーであり、なんらデータは埋め込んでいません。

マンガやアニメや映画でよくつかわれる装飾に
「額にバーコード」
ってやつがありますよね。誰が最初にやったのか知りませんが。

有名どころだと、エイリアン3の囚人たちですか。額じゃなかったような気がしますが。 後頭部でしたっけ?

いや、マンガ家も映画監督もバカじゃないんで、
「額にバーコードって……おできができたら読み取りエラーが起きるじゃん!
というのは百も承知なんですよ。たぶん。

人間が番号のみで管理されているディストピア社会を表現するのに、 一番手っ取り早い記号なんですよね。額にバーコードって。

あとまぁ、バーコードが普及しだした80年代には、 新しい技術=カッコイイ!って感じでしたし、 パッケージデザインなんかでも邪魔なバーコードをいかにうまく処理するかがデザイナーの腕の見せ所であり、 バーコードをうまくデザインに組み込む様々なテクニックが生まれ、 そんなこんなでバーコードを使ったデザインはブームに終わらずにある程度定着しましたよね。

『エイリアン3』の頃には
「バーコードをモチーフにするのってそろそろダサいよね」
的な空気があったような気はするけど、 なんとか乗り切ったと言えましょう。

 

QRコードが現れた!

そんな、古きよき〝額にバーコード〟が下火になりつつも生き延びている現在ですが、 最近〝QRコード〟なるものが現れたじゃないですか。

これによって〝額にバーコード〟はトドメを刺されてしまうんでしょうか? 今から描かれるマンガで〝額にバーコード〟をやると、
「古ッ!つーか80年代的なあまりにも80年代的な絶望的なまでに80年代的な」
などと言われてしまうんでしょうか。

というか、これからは〝額にQRコード〟が使われるんでしょうか? すでに誰かが描いてたりしないんでしょうか? まだ誰も描いてないとしたら、最初の一歩を踏み出した栄誉は誰に与えられるんでしょうか? つーか栄誉なんでしょうか? つーかバーコードにくらべて描くの大変ですQRコード。

などといったことを、つらつらと考えました。

〝額にQRコード〟。 おそらく10年経たないうちに古びてしまうんでしょうが、 それを覚悟の上であえて描く!というのもカッコイイかもなあ、 と思った今日このごろでした。

前ブログのコメント欄から転載

苦楽まにあ 腕とか眼球とか色々パターンはありますよね。
桝田みちや まっとうな近未来を描くならICタグ皮下埋め込みなんでしょうが、
絵にならないんですよね。

『バーコードファイター (上)』 fukkan.com

ad_image
  • 著者:小野敏洋
  • 出版:ブッキング
  • 税込価格:

Amazonで詳しく見る | bk1で詳しく見る


.

『バーコードファイター (下)』 fukkan.com

ad_image
  • 著者:小野敏洋
  • 出版:ブッキング
  • 税込価格:¥1,995 (本体 : ¥1,900)

Amazonで詳しく見る | bk1で詳しく見る


.

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)