ガブビタセブン

ガブビタセブンのデザインはヤバい

gabuvita.jpg
写真はサッポロ飲料『ガブビタセブン』の350cc缶。 ふと、通りすがった自販機ではじめてその存在を知った。 ヤバイ。このパッケージデザインはヤバイ。 だってビンが描かれてるんだもん。缶飲料なのに。

「それが何か?」
という人はけっこういるだろう。が、自分はこういうのが矛盾しているようで気になるのだ。

ビタミン飲料において重要なのは容器ではない。中身だ。 果実飲料で、オレンジやリンゴが描いてあるのは当然だ。 それは味を連想させ、商品の購買につながる。

ビンはどうか。ビンはしょせんビンだ。ガラスであり、容器でしかない。 ガラス容器自体に味は無い。 ガラス容器の絵を缶に描いても、消費者への訴求力は少ないと考えるのが普通のような気がする。 だが、ビタミン飲料というものは多くの人が知ってる通り、 どれも似たような味で同じようなデザインのものが、これまで流通してきた。

とすれば、ビタミン飲料のビンの絵には当然、 多くの人の共通認識を呼び起こす機能を持っているわけで、 それをパッケージデザインに持ってきたデザイナーの意図は正しいといえる。

しかし、それでも心に釈然としないものが残らないだろうか?自分はすごく残った。 缶なのにビンの絵。缶飲料のパッケージにビン飲料の絵。 ガブビタセブンよ、お前はそれでいいのか? 缶飲料としての誇りはアイデンティティはどこへ消えたのか。

まー、そんなわけで、このデザインを起こしたデザイナーと、 そのまま発売してしまったサッポロ飲料に畏怖と敬意を払いつつ、 購入したのでした。

ちなみに、2005/5/23現在、サッポロ飲料のサイトにこの商品の情報は無かったです。

味は、デザインから連想した通りの味でした。

広告

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)

もっとくわしく→このサイトと筆者について | 桝席ブログ http://www.masuseki.com/wp/?page_id=3178