エレファントなケヤキ 高瀬の大木(福島県会津若松市)

神指城の東北隅土塁には国指定天然記念物の巨樹がある

高瀬の大木(ケヤキ)

訪問日は 2018-08-20。

2018 年、夏。戊辰戦争に関連する城と史跡をめぐるというテーマで旅行をし、涙橋と中野竹子殉折の地を見た私は、この日の最後のタスクとして、神指城跡に向かったのでした。日没まであと少し。時刻は 17:20 分。たぶん、間に合うだろうと。

しかし、このエントリは神指城のエントリではありません。場所は神指城の一部、東北隅土塁ですが、そこに生えている国指定天然記念物の巨樹、『高瀬の大木』の訪問記です。

神指城跡へはちょっくら歩くことになります。
神指城方面

そのちょっくら歩く最短経路が工事中。ふえええええ。
神指城方面

通せんぼされてるのは車両だけで、人間様は通って良さそうな感じだったので、意を決して歩きました。勝手解釈だったかもしれませんが。

バイパスとか出来て、神指城へのアクセスが良くなるといいですね。

ところで「バスの侵入はご遠慮ください」が謎。会津の路線バスはルートが決まってないのか?なんつって。(貸し切りとか、臨時のバスへの警告だとは思うけど)

神指城の東北隅土塁と高瀬の大木は、もう見えてます。
神指城方面

あれだーっ!なんてヤラセくさい写真を一人で撮ってみたり。
神指城東北隅土塁

夕暮れパワーと田園風景で、本当に美しかったですね。
高瀬の大木(ケヤキ)

ここ数年の私の人生観に加わった言葉に
「がんばった子にはごほうびがあるのです」
というのがあります。そして、この日、私はがんばったのでした。 このとき、私はこの美しい風景を、当然の権利として受け止めていました。

がんばった子にはごほうびがあるのです。
高瀬の大木(ケヤキ)

 

神指城の東北隅土塁と高瀬の大木

さて、高瀬の大木です。
高瀬の大木(ケヤキ)

実は神指城の本丸あたりの残存度はしょっぱいもので、そのうえ私有地でちゃんと鑑賞できないので、神指城鑑賞としても見どころはこの東北隅土塁になるのですが、それは後日のエントリに回しましょう。

高瀬の大木。神指城が建築されはじめた頃、すでに大木として有名だったそうです。
高瀬の大木(ケヤキ)

国指定天然記念物です。
高瀬の大木 説明板

林野庁の選ぶ『森の巨人たち百選』には入っていません。そりゃそうよ。ここは森じゃないよー。

さて、そんな高瀬の大木。さすがにでかい。さすが国指定天然記念物。そんな異形の巨樹を見た私の感想は……

「あ、ゾウだ」
高瀬の大木(ケヤキ)

「お父さんお父さん、そこにゾウがいるよ」「ぼうや、あれはケヤキだよ」
高瀬の大木(ケヤキ)

象だゾウ!(うた ささきいさお)
高瀬の大木(ケヤキ)

……というわけで、うん、これはゾウ、まごうことなきゾウ、だったのでした。

エーレファーント!と心で叫ぶ私。いや、私以外に周囲に観光客はいなかったから、リアルに叫んでもよかったんですけどね。

このままここで、日没まで景色を楽しみたい気分でした。神指城の本丸方面を見なくてはならないので、後ろ髪を引かれる思いで出発しましたが。
高瀬の大木(ケヤキ)

がんばった子にはごほうびがあるのですよ。マジです。
高瀬の大木(ケヤキ)

樹木詣で―巨樹・古木の民俗紀行 (別冊太陽)
樹木詣で―巨樹・古木の民俗紀行 (別冊太陽)
牧野和春
平凡社
Amazon.co.jpで詳細を見る

広告

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)

もっとくわしく→このサイトと筆者について | 桝席ブログ http://www.masuseki.com/wp/?page_id=3178