近世大名は城下を迷路化なんてしなかった_バナー

呑み曜日を間違えた結果、浅草寺の浅間被官稲荷を楽しんだ

呑み曜日を間違えて浅草に行ってしまった話

たまには呑みましょうか~、と、7/8 に杉作先生と会って呑む約束をしてた。 いつのまにか日時と曜日の感覚を失い、7/7 に行ってしまった。

ぼくは子供か。はやく来い来い呑み曜日か。

まぁ、おかげで、じっくり回ったことの無い浅草寺の境内を散策できた。 誰かと行ったら、本堂で参拝したあと、すぐに
「じゃあ、なにか食べに行きましょうか」
と花やしき通りの方へ抜けてしまうので、意外とじっくり見ることないですよね>浅草寺。

浅間神社 被官稲

んで、回ってみたら私の心に響く地味な良いお社があったんですよ。 浅草寺の東側の浅間神社の、さらに奥にある被官稲荷。

浅間神社 被官稲

“被官”というのは”出世”と同義と見なしていいらしい。

浅間神社 被官稲

千社札を貼るのは禁止、にもかかわらず、ちらほら……。

浅間神社 被官稲

毎日のように、いなりあげが置いてあった(二日連続で行ったから(笑)おそらく毎日だろうとわかる)

浅間神社 被官稲

お堂の中に社。桧皮葺。おそらく、この桧皮葺の社を雨から守るためのお堂かと。

去年から今年の春にかけて、桧皮葺の写真が撮りたくてあちこち行ったんだよなー。 ここにあったとは。

 

浅間神社 被官稲

浅間神社 被官稲

けっこう、顔の落ちてしまった石像が多い。それが歴史を感じさせる。 これなんか、元はイタチかムジナかな?顔が落ちてクリーチャーっぽくてかっこいい。

浅間神社 被官稲

名前をつけるとしたら、ガラフ。

浅間神社 被官稲

なごむ。

江戸東京の庶民信仰 (講談社学術文庫)
江戸東京の庶民信仰 (講談社学術文庫)
長沢 利明 (著)

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)