デビュー作『ナカユビ・ストロング』

デビュー作『ナカユビ・ストロング』

モーニング新マグナム増刊8号(1999)に掲載された、 私のデビュー作です。4コママンガ。4ページ。

当時、某先生のマンガが予定の枚数に届かないかもしれない、 ということで私にお鉢が回ってきたのでした。 仕事の依頼が来たのは『第35回ちばてつや賞』の発表前、 最終選考中のこと。
「とりあえず、最終選考に残った = 佳作以上ってことだから」
と言われてた時に仕事の依頼が来て、有頂天になりながら描いたマンガです。

アンケートの結果は最下位でした。『浅倉家』の第一話を思いつかなければ、 この一作で消えていたのかもしれないなぁ、と思うと感慨深いものがあります。

ns_01.png

ns_02.png  ▼ 

ns_03.png  ▼ 

ns_04.png
end.

述懐など

代原依頼だったのですが、その時
「何ページ必要になるかわからない。だから10ページ描いてくれ」
と言われ、生まれて初めてシメキリを設定されて描くという状況の中、 わけもわからぬまま10ページ描きました。当時の作業中のことはよく覚えていません。

結局、掲載は4Pだったわけですが、 未掲載となった残り6ページは今見ると正視に耐えないものがあったので、 今回ウェブに載せるのを断念しました。 ただでさえ下手なのに時間不足で絵が荒れているし、 ネタも正直お粗末すぎて‥‥。 これを公開したら、さすがに悶死しかねない、と。

あと十年くらいしたら、公開できるくらい心に余裕ができるかもしれませんが。

掲載された分は、さすがに19本の中から選んだ7本だけあって、 まぁ、そこそこイケてると自負しております。 特に1本目の『前田君』がお気に入り。

作者としては最後の『佐倉君』がイマイチかなぁ。 以前に使ったネタ だし、〝ブサイクオチ〟とか〝オタクオチ〟って、
「人のこと笑えるのかよ>自分」
という思いが常につきまとうので。 でも、単純な笑いが欲しい所でついつい多用してしまいますね。〝変な顔オチ〟は。

デビューに必要なもの

デビューに必要なもの:原稿を落としそうな先輩作家

人生は要するに向き不向きと、人知の及ばざる運・不運で決まるのではないか – 山内 溥 任天堂取締役相談役

はっちゃけてない

原稿を納めたときに、担当さんから、
「もっとはっちゃけてくださいよ。桝田さんはもっとはっちゃけることができると思います」
と言われて、当時は言ってる意味がよくわからず、
「絵はともかく、 ネタのクオリティはいつもどおり(自サイトでやってる4コマと同レベル)なんだけどなぁ。 はっちゃけろと言われてもなぁ」
と感じたのを覚えています。。

〝アマチュアのいつもどおり〟じゃマズイわけですよね。 プロとしての仕事を求められたのだから。 7年たってようやく今、気が着きました(遅い)

『まんが家デビュー物語DS』

ad_image
  • 機種: Nintendo DS
  • メーカー:TDKコア
  • 価格:¥5,040 (税込)

Amazonで詳しく見る


.
広告

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)

もっとくわしく→このサイトと筆者について | 桝席ブログ http://www.masuseki.com/wp/?page_id=3178