『三つ目がとおる』の没バージョン

写楽保介(『三つ目がとおる』)の没バージョン

mitsume_00.png
(C)手塚治虫 『マンガの描き方』 1977

手塚先生の描いたマンガ製作How to本ってことで、 有名だとは思いますが、 見たことのない人にとって衝撃的映像だと思うので、 紹介しておきます。

手塚先生でさえこれだけ何パターンも考えるのに、 読みきりとはいえ1パターンしか考えない自分が恥ずかしいです。これからは心を入れ替えます。

それにしても……。右下のに決定して良かったと、心から思えるキャラデザ群です。 そう思いませんか?右上のメガネ君はまだ理解できるとしても、 残り3パターンはちょっと。

仮に残る3人のどれかになってたら、 『三つ目がとおる』という作品は根本からまったく異なる作品になってただろうな、 と思います。

mitsume_01.png
(C)手塚治虫 『マンガの描き方』 1977

特にコイツ。コイツが主人公だったら、和登さんは裸足で逃げ出したんじゃないでしょうか。 いや、ホントに。

ヒゲオヤジ

higeoyaji.png
(C)手塚治虫 『マンガの描き方』 1977

オマケ。同書・同ページに掲載されている〝ヒゲオヤジの変遷〟

……誰?この退役軍人は。

ad_image
『マンガの描き方―似顔絵から長編まで』(光文社 知恵の森文庫)
著者: 手塚 治虫
税込価格 : \500 (本体 : \476)
Amazonで詳しく見る | bk1で詳しく見る

広告
広告

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

広告
広告

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)

もっとくわしく→このサイトと筆者について | 桝席ブログ http://www.masuseki.com/wp/?page_id=3178