広い!聞いてない!松平家墓所(福島県会津若松市)

思っていた以上に歩かされた松平家墓所

会津 松平家墓所

訪問日は 2018-08-20。

2018 年、夏。戊辰戦争に関連する城と史跡をめぐるというテーマで旅行をし、戸ノ口堰洞窟(流出側)と会津さざえ堂と白虎隊自刃の地というメジャー観光地を堪能した私は、次に、かの松平容保が眠る松平家墓所に向かったのでした。バスで。なんでもかんでも歩くわけじゃあ、ないのです。

バスを降りるとき、運転手のおねえさんから、
「お客さん、どちらへ向かわれますか?」
と質問されました。キョドる。これはキョドる。なに?不審人物的にマークされてんの?

「ま、松平家墓所まで……」
と答えると、
「先月、熊が目撃されてるので、気を付けてくださいね」
ということでした。ザ☆親切。

閑静な住宅街。こんなとこまで熊は降りてきてたらハンター案件やろー、と思いつつ。
会津 松平家墓所の近く

蔵が多い。かつての上級家臣宅エリアかしらん。
会津 松平家墓所

墓所入り口。この時点までは、お寺の墓所みたいなやつを想像していました。白虎隊自刃の地みたいな墓地を。
会津 松平家墓所

地図見ても、ササッと回れそうな感じやってんもん。
会津 松平家墓所

入り口をくぐると、そこは森。あぁ……これは熊が出ますわ。
会津 松平家墓所

いちばん奥の容保の墓まで行くと、だいたい距離で 500m 、比高で 60m くらいでしょうか。小さめの山城みたいなもんで、ふだんなら、どってことないレベル。
会津 松平家墓所

しかし、この日は、この時点で15kmくらい歩いたあとだったんですよ。 強清水→戸ノ口原古戦場→十六橋水門→強清水→沓掛峠→金堀集落→旧滝沢街道→戸ノ口堰洞窟流入→旧滝沢本陣→飯盛山……と、歩いて歩いて歩いたあとだったので、さすがに
「勘弁してくれ」
と思いました。あと、前々日にトレッキングポールを紛失して百均の杖だったし、十六橋水門のあとトレッキングシューズの靴底がガパァしてしまったので、サンダルでした。もう、足が、足が。

入り口に近い場所には歴代の正室様・側室様・お姫様方の墓所。
会津 松平家墓所

歴代藩主の墓所はずっと奥です。やめよう女性差別。
会津 松平家墓所

ふたたび女性陣の墓所があって……
会津 松平家墓所

ようやく歴代藩主の墓所エリアへ。左手に階段が見え、まだ登るんかい!みたいな。
会津 松平家墓所

広告
広告

 

それぞれの藩主の業績を称える石碑があります。
会津 松平家墓所

それはそれとして……、その石碑の下の……
会津 松平家墓所

おまえ、なんなん?
会津 松平家墓所

亀っぽいから、なんか鎮護の象徴であろうと察しました。顔を見ると亀ではないので、玄武ってやつかいな?くらいに思いましたが、これは早とちり思い込み。

これは「贔屓」という空想上の生き物で、竜の子供なんだそうです。

 >贔屓 – Wikipedia
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B4%94%E5%B1%93

ともかく、このとき私が思ったのは、
「会津松平家、趣味わっるぅぅぅ~~~~!」
でした。正直に言います。センス悪いと思いました。
「こういう所に、藩祖が家光の異母弟だったというだけで大藩になった会津のコンプレックスがよく表れているんだよなぁ……」
などと、根拠薄弱な決めつけまでする始末。

マジでお前、なんなん?
会津 松平家墓所

と、変な亀に気をとられてはいけない。こんなに歩くとは予定になかったので、とっとと容保の墓へ参って撤退しないと。
会津 松平家墓所

あったー。そうそう、墓なんてものは、これでいいんですよ。基部が変な亀でなくて良かった。
会津 松平家墓所

会津戦争に悲恋のいろどりを添える照姫の墓。女性陣墓所ではなく、容保の墓のそばというのが素晴らしい。結ばれなかったふたりの関係と、表に出せなくなった本当の気持ちが、お墓の位置でよくわかるというね。涙、涙の物語か。
会津 松平家墓所

見るべきものは見たので撤収。
会津 松平家墓所の近く

お前、なんなん?
会津 松平家墓所

世界の怪物・神獣事典【普及版】 (シリーズ・ファンタジー百科)
世界の怪物・神獣事典【普及版】 (シリーズ・ファンタジー百科)
キャロル ローズ
原書房
Amazon.co.jpで詳細を見る

広告
広告

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

広告
広告

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)

もっとくわしく→このサイトと筆者について | 桝席ブログ http://www.masuseki.com/wp/?page_id=3178